ゴールドラッシュ~魔法と銃と刀と騎兵隊~

ブックマーク

シリーズなし

  • ファンタジー
  • 魔法
  • 魔物
  • 精霊
  • 新撰組
  • 蒸気機関
  • 西部劇
  • スチームパンク
  • 19世紀
  • ガンマン
  • インディアン
  • ゴールドラッシュ

完結

全45話

全130482文字

26pt

2019.02.01公開

2019.02.23更新

1875年、蒸気機関が動き出した西部開拓時代米国。金塊を巡って強盗殺人を繰り返すスー族の精霊魔法使い。彼を追う保安官とシャイアン族の娘。保安官の仲間に元新撰組が加わる。金塊奪還を目指す第七騎兵隊も参入し、荒くれ者の金塊探しの集まるコロラドからインディアン戦争まっただ中のララミー、大都会のサンフランシスコ、そして宗教の街ソルトレイクへ。魔物が大暴れする最終決戦。(小説家になろう併載)

クリップル・クリークの金鉱

ララミーの決闘

サンフランシスコ暴動

ソルトレイク決戦

この作品の評価

26pt

2019年3月17日「あとがき」読了時点での感想です。  1800年代を舞台にした爽快ガンマン・アクション!  読んでて、なんかアメリカンな雰囲気がスゴくして、西部劇なのに魔法とかも出て、スゴくおもしろかったデス♪  で、終わらせるのはあまりにも勿体無さすぎます。  銃あり、刀あり、魔法ありの西部活劇。  それは間違っていません。  間違っていませんが、この物語の魅力はそれで終わりではありません。  本当に、洒落にならないくらい作りこまれた小説です。  何がって、舞台設定が。  舞台の小道具として挟み込まれる発電機やエレベーター等についての解説、地理、歴史、民族問題。  一体どんだけ下調べしたんだ、と物書きの端くれとして恐怖を覚えるくらい作りこまれています。  舞台として出てくる地名、人物名、会社名、果ては当時の馬車の料金まで、ほぼ史実です。  笑っちゃうくらい史実です。  物語の設定にこだわりを持つ読み手が多い昨今、小説の粗が気になってしょうがない方にこそ強くおすすめしたいお話です。  ぜひ、物語で出てくる固有名詞を片っ端からウィキペディアで調べつつ読み進めてみてください。  本当に、びっくりしますよ。

2019.03.17 22:14

熊ノ翁

2

作家情報

昭司あきら

17フォロワー

ファンタジーとSFが大好きな社畜です。 アルファポリスと小説家になろうに転載。

Loading...