マツコの知らない業(カルマ)

ブックマーク

シリーズなし

  • ファンタジー
  • 異世界
  • ネクストファンタジー
  • SF
  • 文芸

完結

全8話

全10366文字

2pt

2019.09.15公開

2019.09.21更新

海に浮く巨大な島で、男はアスパラを育てる。 そして、空に穴を開けて集荷に来るAI。 販路を拡大しようとするパラレルワールドの自分。 容赦無く増え続ける、総海水量。 だから、みんな世界を出ていった。 一話完結型。 それぞれ400から1200くらいの短編。

この作品の評価

2pt

最後まで読みました。人間とアンドロイドがぐちゃぐちゃになって混乱しました。ちょっと展開に私がついていけなかったみたいです。また余裕ができたら読み返しに来ます。

2019.09.28 18:23

水谷風兎

0

アスパラの話を読みました。独特の世界観が好きです。退廃的な雰囲気が漂ってくる一方で、見捨てられた側の世界に息吹く植物、人、文字が魅力的でした。 「自分」「俺」「男」と、人称というか、視点が作中で転々とするのが少し気になりました。

2019.09.22 19:43

水谷風兎

1

作家情報

佐藤さくや

1フォロワー

万年筆文芸部所属。小説は手書きの場合が多い。化学系の研究室出身。多ジャンルで本を読み、多ジャンルの小説、現代詩、DTMで曲を作る人。ツイッターで本や万年筆、インクなどの話をよくしてます。お気軽に話しかけてください。このサイトでのコメントへの返信機能が見当たらないため、こちらからのお返事はできかねております。何とぞご了承くださいますようお願いいたします。 https://twitter.com/mochihao_no8

Loading...