とりとめのない詩

ブックマーク

シリーズなし

  • 詩・童話
  • ポエム
  • セルバンテスオンリー

連載中

全38話

全7365文字

4pt

2019.09.10公開

2020.01.20更新

とりとめのない詩です。

この作品の評価

4pt

Kogarashi san, Funny poem ! Can I place Russian translation of it (of course, mentioning your name) on Russian hobby poetry web site stihi.ru? ("stihi" means "poems") My page there is https://www.stihi.ru/avtor/pelton If more convenient communication by Email, my address is pelton2009@yandex.ru

2019.12.13 04:11

Pelton

0

この感想はネタバレを含みます。感想を表示する

ロシアの作家Oleg Royには「古物商」という小説があります。異能を持っている女性が人の思い出を金で買い、その思い出が消える。ある人から個人的な思い出を全て買い、仕事のスキールに関する記憶だけを残せばあなたの詩のようにバイオロボットになります。ようするに個人的な思い出があればあるほど自由行動が諸々可能にな離、アイデアも色々生まれるものです。

2019.12.07 17:27

Pelton

0

この感想はネタバレを含みます。感想を表示する

Why do you feel sad? Why do you hung down your head? Maybe sorrow is in your heart? Or, potato was too much fried? "Potato was OK ! Mother fried it with parsley. I'm worried with the news That Golovkin lost to Lewis".

2019.12.07 06:08

Pelton

0

作家情報

木枯色葉

2フォロワー

木枯色葉(こがらしいろは)と申します。 気の向いたときにのんびり書いていきます。 拙い文章ですが、よろしくお願いします。 Twitter → @kogarashi168

Loading...