待つってば、だから。

ブックマーク

シリーズなし

  • 文学
  • 学校
  • 卒業
  • 文学

完結

全1話

全3836文字

1pt

2019.09.08公開

2019.09.08更新

卒業式を欠席した「私」――。

この作品の評価

1pt

はじめまして。 不思議なお話ですね。

2019.09.13 11:22

皐月原 圭

0

作家情報

高宮聡

0フォロワー

小説家、フリーライター。インターネットという“路上”に立つ、ストリート作家。 【Twitter】https://twitter.com/satalonade 【note】https://note.com/sattaka 【BOOTH】https://sattakanovel.booth.pm/ ◆自己紹介 twnovel◆ 「反対側から失礼しますね」地面に落ちたカルタを裏返しながら、旧友の片原が通りすがる。ここは愛情交差点。通行人は全員愛に飢えている、と見せかけて、真実を知らないまま人生に迷っているのである。私は語り屋の高宮聡だ。そっと物語の欠片を道端に落としていく簡単な仕事をしている。 #twnovel

Loading...