蒼き太陽の詩

ブックマーク

シリーズなし

  • ファンタジー
  • 中東風
  • 超長編
  • 王宮ファンタジー
  • 王位継承
  • 大河
  • 双子
  • 王子
  • 女兵士
  • 一夫多妻
  • 群像劇
  • 騎馬民族
  • 何でも許せる方向け

連載中

全168話

全591106文字

103pt

2019.09.01公開

2020.02.26更新

砂漠の中の豊かなオアシス国家に双子の王子様がいた。 片方は伝説の初代国王と同じ蒼い髪をしているが、勉強も武芸も苦手で、子守をしていた女兵士にべったりくっついている。 もう片方は文武両道、頭脳明晰にして明朗闊達、貴族の仲間たちの人望も厚く、将来を有望視されていた。 王になれるのは一人だけ。双子は王位を巡って対立する。 のちにアルヤ王国最盛期の王となる少年と彼を取り巻く若者たちの群像劇。

第0章:紅蓮の女獅子と蒼き太陽

第一部 第1章:日輪の御子と蒼き太陽

第一部 第2章:紫の猫と日輪の御子

第一部 第3章:紅蓮の女獅子と無双の黒馬

第一部 第4章:空色の蝶の独白

第一部 第5章:白き番犬と砂糖菓子

第一部 第6章:紅蓮の女獅子は静かなる兆しの中で暁を抱く

第二部 第7章:紅蓮の女獅子と日輪の御子

第二部 第8章:紫の猫と空色の蝶

第二部 第9章:橙の女鹿と黒髪の姫君

第二部 第10章:草原の狼の息子と無双の黒馬

この作品の評価

103pt

作家情報

丹羽夏子

4フォロワー

静岡県に住む愉快なお姉さんです。

Loading...