アラシとナギのロールキャベツ

ブックマーク

アラシとナギの料理店

  • 詩・童話
  • 絵本
  • 動物
  • カエル
  • 絵本テキスト
  • 童話
  • 短編
  • 児童書
  • 料理
  • ロールキャベツ

完結

全3話

全5851文字

2pt

2019.07.07公開

2019.07.26更新

広い海が見渡せる岬の上に、『うみのねこ』という料理店があります。 お店を切り盛りするのは、アラシとナギという双子の猫。 『うみのねこ』にはメニューがありません。 お客さんが食べたいものを作って出すのです。 さあ、いらっしゃい、いらっしゃい。 ここは海に住む猫の料理店。 ちょっと風変わりでほっこりする時間をどうぞ。

この作品の評価

2pt

すごく可愛らしいお話でした。 ねこのきょうだいや、カエルたちの様子が目に浮かぶようです。 擬音や、カエルたちの歌声も、ちょど良い感じで入ってきます。 『うみのねこ』で繰り広げられる物語を、もっと読んでみたいと思いました。 猫に小判にも思わず笑いました。すごい伏線ですね。 小判のチョーカーを首につけた猫のきょうだい。見てみたい! 絶対可愛い。 素敵なお話、ありがとうございました。

2019.08.04 09:51

観月

1

シリーズ情報

作家情報

くさなぎ秋良

1フォロワー

Loading...