乙女の足跡

ブックマーク

シリーズなし

  • ホラー
  • 短編
  • 黒髪
  • 幼馴染
  • 主従

完結

全1話

全7860文字

0pt

2019.07.04公開

2019.07.04更新

その家は、代々その家に仕えるというしきたりがあった。  「これで、本当によかったんですか?」  「家のしきたりを守るということは、家を守るということでございます」 大きな屋敷に、黒い影。  「物音がしたり、物がなくなったり」  「誰かに見られているような視線も感じたことがございます」 春の風と共に、二人の生活が始まった。

この作品の評価

0pt

作家情報

花月小鞠

0フォロワー

キラキラなお話が好き。

Loading...