『咲いた花、そして空の鳥へ捧ぐ物語』

ブックマーク

シリーズなし

  • 歴史・時代
  • 近世
  • 近代
  • 西洋
  • フランス
  • 文学
  • 革命
  • 群像劇

完結

全57話

全117575文字

9pt

2019.01.05公開

2019.05.05更新

「ここに記したことこそが、私が目にした真実である。」 若き青年たちの「真実」を記した、錆び付いた文学作品。 その物語はなぜ記され、何を記したかったのか。 誰に愛され、何を遺したのか。 名もなき文学作品と、その読者たち。 ……そして、激動の時代に生きた人々を繋ぐ物語。 ※現実世界のあらゆる物事とは関係がありません。 ※過激な描写があります。 ※特殊性癖や一般的でない性的嗜好の表現があります。

序章 その物語について

第一章 少年の日々

第二章 斜陽の日々

第三章 咆哮の日々

第四章 流転の日々

この作品の評価

9pt

作家情報

淡月悠生

7フォロワー

目指せスルメ小説家

Loading...