神鹿ノ国ノ伝[かむじかのくにのつたえ]

ブックマーク

シリーズなし

  • ファンタジー
  • 冒険
  • シリアス
  • 歴史
  • 和風ファンタジー
  • 古代
  • 三種の神器
  • 大和

連載中

全9話

全42920文字

0pt

2019.05.07公開

2019.05.07更新

「風羽矢は、俺が殺すーーーそうすることで、俺はあいつを許してやれる」  双子のように育った少年達の運命は、世にも美しい白鹿に出会って動き始めるーーー  孤児の稚武(わかたけ)と風羽矢(かざはや)は、泊瀬(はつせ)の里で双子のように育った。  十四の春、都から訪れた男が稚武に告げた。あなたは皇の血を継ぐ少年だと。

この作品の評価

0pt

作家情報

紺野

0フォロワー

基本ハッピーエンドです!

Loading...