ブックマーク

シリーズなし

  • 文学
  • 日常
  • 純文学風
  • 偏執的

連載中

全5話

全3175文字

0pt

2019.04.24公開

2019.04.24更新

或絵描きがゐた。 彼は人と会ふと、決つて右手を見る男であつた。 何故なら、右手には物語が宿る、宿る。 其為に彼は、右手を見るのであつた。 さて、此物語は、彼の見て来た手と、其手の持ち主の物語を、記すだけの物語である。 …… 短編、全五話です。さくりと読めると思いますので、よければ。

この作品の評価

0pt

作家情報

山田 Ⓒ

0フォロワー

葉薊の花うつくしき 下向けど直向きなるかな

Loading...