鏡のお城 ー詩集ー

ブックマーク

シリーズなし

  • 詩・童話
  • おとぎ話

連載中

全3話

全1165文字

13pt

2019.05.16公開

2019.05.20更新

星降る丘で、お城を見つめる町娘。舞踏会はそれは華やかだと聞く。「あなたはそこにいるのね?」と少女はひとりごと。かつてともに森で迷い、泣いていた王子様は遠い人になってしまった…。✨おとぎ話のような詩や、鏡の世界に迷い込んだようなファンタジーな詩などを随時上げていきます。どれか一つでもあなたの心に届きますように✨旭山リサ

この作品の評価

13pt

この感想はネタバレを含みます。感想を表示する

【鏡のお城 ー詩集ー】『町娘の独り言』凄く好かった(*^-^*)❀。 グッと来ました。 おとぎ話のような詩や、鏡の世界に迷い込んだようなファンタジーな詩、これからも楽しみにしています。 【親愛なる紳士へ】も早くに読ませて戴いていたんですよ。 こちらも絶品でした(;'∀')❁。

2019.05.17 22:08

kei

1

作家情報

旭山リサ

12フォロワー

旭山リサです。(あさひやま・りさ)どうぞよろしくお願いいたします。 🐇「ツイッター」 @Lisa_Asahiyama_ 🌼 🐇 好きなものは、うさぎ。 🐇「NOVELDAYS」「エブリスタ」でも活動しています🌼 🌼🌼 ご縁ある皆さまのご多幸をお祈り申し上げます 🌼🌼

Loading...