現代金融(貨幣)理論(MMT)の致命的な欠点について

ブックマーク

シリーズなし

  • 創作論・評論
  • 貧困
  • 経済
  • 格差
  • 社会民主主義
  • アメリカ民主党
  • MMT

連載中

全3話

全18996文字

0pt

2019.04.14公開

2019.04.16更新

貧困と格差、そして国家の財政赤字という様々な問題を一瞬で解決できる妙案であるかのように思われている『現代金融理論』。一度くらいは聞いたことがあるかもしれませんが、その本質はどういうものなのでしょうか? その致命的な問題点を確認し、貧富の格差にはMMTのような奇策ではなく可処分所得の再分配と社会民主主義的手法の方がより有効という話を進めていきたいと考えております…m(_ _)m どうぞご支援の程を。

この作品の評価

0pt

作家情報

ガミラス帝国政府・経済企画庁所管の独法機関『銀河方面経済研究所』(←帝国エリート官僚の天下り先)からの委託を受けて、隣の星雲から遠路はるばる日本にやってきた平凡な非正規雇用研究員です。帝国二級市民出身です。日本を中心としたテロン人の経済について研究し、本国にレポを送っている市井の宇宙人です。 基本、マネタリストです。野蛮人の皆さん、仲良くしてね(≧∀≦) あと、ツイッター始めました。(= ゚ω ゚)/ @gamigami2202です。 ちなみにですが、世界経済、かなりヤバすな状態ですね。皆さんと一緒に世界と日本の事を経済的・通貨的視点から楽しく検証できたらと思っています。どうぞよろしく…m(_ _)m

Loading...