僕の相棒は待っている

ブックマーク

秋の七草シリーズ

  • 現代ドラマ
  • 男主人公
  • 青春
  • 高校生
  • 吹奏楽部

完結

全1話

全4397文字

4pt

2019.03.18公開

2019.03.29更新

中条樹は、高校入学前にしてうだうだと無為に過ごしていた。そんな折に、中学時代の部活の先輩に会う。中学生の時に少しだけ吹奏楽部に入っていたのだ。吹奏楽部は辞めたから気まずい樹、そして先輩から問われた事とは。入学式を経て、樹は何を思う……──。

この作品の評価

4pt

この感想はネタバレを含みます。感想を表示する

一度離れても、心に響いた大好きと言う思いの音色だけは決して止まない……だからこそ、彼は「元」になっても相棒を手放す事が無かったのかもしれないですね。 爽やかな読後感も含めて楽しませて頂きました!

2019.06.08 23:20

腹筋崩壊参謀

0

これぞ青春、ですね。 とても爽やかで、後味の良い作品だと思いました。

2019.03.19 01:12

宮守 遥綺

2

いい話ですね。うん。 こんな青春時代を過ごせたらなあと思うと涙が出てくる。 自分には縁のないものだから。

2019.03.18 23:28

驚天動地

2

シリーズ情報

2019.12.26公開

2019.12.26更新

作家情報

黒羽慈烏

3フォロワー

初めまして、黒羽慈烏(くろは、じう)と申します。 細々と小説書いてます。よろしくお願いします<(_ _)> 【大河の国の物語シリーズ】  「子を授かったので田舎に帰らせてください【改稿版】(2020/1/1投稿予定)」  「3番乗り場で、また会いましょう(2020/1/11投稿予定)」 【秋の七草シリーズ】  「僕の相棒は待っている」  「七色アンサンブル」

Loading...