雪の女王

ブックマーク

シリーズなし

  • 文学
  • 百合
  • 悲恋
  • 少女小説
  • 難病もの
  • 掌の小説

完結

全1話

全6673文字

2pt

2019.03.14公開

2019.03.14更新

「わたし」は難病のためずっと入院しているクラスメート、リカのもとに通っていた。 彼女は聡明な少女であったが、治療は難しく、日に日に衰えてゆくのだった。 あるとき、ふとしたきっかけから、わたしは彼女に好きな人がいるのではないかと感じる。 わたしの知らないその人。わたしの心には嫉妬がうまれた。 しかし、彼女の口から語られたことは、意外な、かなしい事実であった……

この作品の評価

2pt

読み終わったあと、胸の奥に、淡い悲しみがぼんやりと広がりました。 とてもいい作品ですね。

2019.03.17 11:45

茜あゆむ

1

作家情報

あめのにわ

0フォロワー

サークル名:南柯堂(なんかどう) 小説はリハビリ、「あめのにわ」名義でぼちぼち再起動。 2001年くらいからM3やコミティアで音楽作品を発表。アンビエント、非西欧音楽、ダブ、電子音楽などの文脈をふまえて趣味の音楽を作っています。 別サイト、カクヨム: https://kakuyomu.jp/users/nankado エッセイや映画評など https://note.mu/nankado Twitter @nankado

Loading...