リーゼロッテ・キャンベルのままならない日常

ブックマーク

短編

  • 恋愛
  • ファンタジー
  • エセ悪役令嬢
  • 使用人

完結

全3話

全11021文字

0pt

2019.03.06公開

2019.03.05更新

リーゼロッテ・キャンベルは代々キャンベル家に仕える分家筋の娘だった。 容姿端麗、頭脳明晰、才色兼備なお嬢様、アイリーンが鬱鬱と言い出すまでは。 「実は私、乙女ゲーの悪役令嬢で来年には斬首される運命なの!」 「お嬢様、気でも狂いましたか」 これは、使用人がお仕えするお嬢様を生暖かく見守る話……のはずだった。

この作品の評価

0pt

シリーズ情報

2019.01.19公開

2019.01.19更新

作家情報

夏白

7フォロワー

王道が好きです。 誰かの記憶に残るような話が書きたいな、という自己満足と、自分が好きな話を読みたいという欲望で書いたりしてます。 いろいろ突っ込みどころあるかと思いますが、暖かく見守ってくださると嬉しいです。 誤字脱字が多くて文章みっしりめに書く癖がありますが、それでもよければどうぞ。 楽しく創作活動ができればと思っています。 Twitter:@mono_kku

Loading...