7番目のシャルル 〜狂った王国にうまれて〜

ブックマーク

15世紀フランス、百年戦争

  • 歴史・時代
  • 男主人公
  • シリアス
  • 王子
  • フランス
  • 主従
  • 貴族
  • 王太子
  • 騎士
  • 貴種流離譚
  • 中世ヨーロッパ
  • 百年戦争
  • 大河小説
  • 歴史劇
  • 西洋史
  • アルファポリス「第五回歴史・時代小説大賞」読者投票6位

連載中

全109話

全259014文字

288pt

2019.02.28公開

2019.09.20更新

火刑の乙女は聖人となり、目立たない王は歴史の闇へ。それは時代を越えて誰もが知っている英雄譚—— 15世紀フランス、百年戦争。 一般的には「恩人を見捨てた非情な王」と嫌われ、歴史家は「建国以来、戦乱の絶えなかった王国にはじめて平和と秩序をもたらした名君」と評価しているが、この物語の語り手は読者に何をもたらすだろうか。メジャーな史実+マイナーな人物を主役に据えた大河ドラマ風ノベル。

序章

第一章《王子か孤児か》編

第二章《王子と婚約者》編

第三章《アジャンクールの戦い》編

第四章《王太子デビュー》編

第五章《王太子の宮廷生活》編

第六章《王太子の受難》編

第七章《王太子の都落ち》編

この作品の評価

288pt

読めば物語の世界が浮かび上がってくる素晴らしい描写力と、ため息が出てしまう素敵な言い回し。 とても魅力的な思わず惹きつけられてしまう作品ですね。 主人公がとても愛らしくて好きになりました。

2019.05.11 17:59

Lily3

2

冒頭を読んだ瞬間、心を鷲掴みにされました。シャルルの生い立ちに自分を重ねてしまいます。親元から離れて暮らす寂しい気持ちを思い出すことができました。わたしは、わたしのために泣いているのか、シャルルのために泣いているのか。 まだ序盤までしか読めていませんが、シャルルの今後がとても気になります。シャルルという少年がいたことを知れてとても良かったです。

2019.03.10 16:52

北生見理一

4

ちょうど傭兵ピエールを読んでいた私にズキュンときました。 まだ途中までで、私には史実に全く詳しくないので傭兵ピエールしか基準を持ち合わせていないのですが、人物の描き方、物語の焦点の当て方が全く違っていて『こっちではそうくるか!』という気持ちで、幸せな気持ちで楽しめています。 この先も楽しみです!

2019.03.05 19:40

大惨事苦労

5

すごい描写力ですね! 物語にずいっと引きこまれました。少しずつ楽しく読ませていただきます!

2019.02.28 20:07

深山霧

5

シリーズ情報

作家情報

C・クラルテ

19フォロワー

知っていることしか書けません。 本編で書き切れない裏話・雑談・らくがきなどはツイッター(twitter.com/shinno3)にて。 ▼小説家になろう https://mypage.syosetu.com/1417171/ ▼アルファポリス https://www.alphapolis.co.jp/author/detail/394554938

Loading...