真田源三郎の休日

ブックマーク

真武外伝

  • 歴史・時代
  • 戦国
  • 真田信幸
  • 前田慶次郎

完結

全41話

全124247文字

7pt

2019.02.27公開

2019.12.29更新

甲斐武田、滅亡。 遺臣達はそれぞれに身の置き所を捜し、真田家は織田に従属する道を選んだ。 織田家家臣・滝川一益主催の茶会に招かれた真田昌幸とその嫡男・源三郎は、その席での振る舞いから滝川家の面々に気に入られる。 特に源三郎を気に入ったのが、前田宗兵衛利貞、通称・慶次郎であった。 ――これは、真田信幸による「慌ただしき十六歳の夏」の回述である。

宗兵衛殿

証人

歩き巫女

火急

うまやのはし

故宿人身

鬼武蔵

碓氷峠

家内安全

注記

この作品の評価

7pt

シリーズ情報

2019.03.07公開

2019.03.07更新

作家情報

神光寺かをり

11フォロワー

散文を書く年寄りです。 腐った歴女、偏った鉱物マニア、温いゲームオタ、薄く幻想文学、緩くSF、浅く特撮者。 何事もおしなべて広く浅く。 根本的に遅筆。

Loading...