籠中の比翼 吉原顔番所同心始末記

ブックマーク

シリーズなし

  • 歴史・時代
  • 江戸
  • 花魁
  • 吉原
  • 町奉行所同心
  • 顔番所
  • 四郎兵衛会所
  • 伝奇要素

完結

全8話

全94654文字

5pt

2019.02.26公開

2019.03.22更新

湯飲みの中に茶柱が立つとき,男は肩を落として深く溜息をつく ――  吉原大門を左右から見張る顔番所と四郎兵衛会所。番所詰めの町方同心・富澤一之進と会所の青年・鬼黒。二人の男の運命が妓楼萬屋の花魁・綾松を中心に交差する。  男たちは女の肌に秘められた秘密を守ることができるのか。  一之進と鬼黒を陰日向から見守る並び矢筈の紋所を持つ侍の正体とは。   江戸は吉原を舞台とした花魁小説。ここに開幕。

この作品の評価

5pt

作家情報

紅侘助

3フォロワー

 伯耆国生まれ因幡国育ち。現在常陸国在住。  掌編を主として怪しい話からお馬鹿な話まで気の向くままに。 ◇2010年第一回みちのく怪談コンテスト・審査員赤坂憲雄ベスト20入選「宵待ちの調べ」  (高橋克彦・赤坂憲雄・東雅夫『みちのく怪談コンテスト2010傑作選』荒蝦夷,2013年に収録) ◇2017年第二回大阪てのひら怪談優秀賞受賞「サヨナラしたいの」 ◇2018年第三回大阪てのひら怪談佳作入賞「遺りもの」  twitter:@beniwabisuke pixiv:id=4473100

Loading...