【異端ノ魔導師と血ノ奴隷】

ブックマーク

【異端ノ魔導師と血ノ奴隷】

  • ファンタジー
  • 男主人公
  • シリアス
  • 奴隷
  • 王子
  • 長編
  • 神話
  • 貴族
  • 王家
  • ブロマンス
  • 精霊
  • BL
  • 主従関係
  • 錬金術
  • 召喚
  • 執事
  • 魔法陣
  • 契約
  • 魔薬
  • 魔石
  • ハイファンタジー

連載中

全42話

全283035文字

7pt

2019.02.23公開

2019.08.18更新

その昔。賢者の齎した叡智の結晶たる翠玉碑を保有し、幾多の魔導兵を従え栄えた国が存在した。異端ノ魔導師。彼こそは、それら異質な力を否定され滅ぼされた故国、シャンテの民、唯一の生き残り。戦によって命を落とした幾千の亡霊を負い、その血に驚異的魔力を秘めた少年と、凍てつく冥府の炎を身に宿し《魔導兵》として付き従う若者と、遠い々旅路を行く。ハイファンタジー。 ◆主人公は♂3名。BL要素有りです。

第一章◆異端ノ魔導師

第二章◆霧ノ病

第三章◆魔ノ香

第四章◆血ノ奴隷

第五章◆石ノ杜

この作品の評価

7pt

シリーズ情報

作家情報

Masachika

3フォロワー

はじめまして。長編ファンタジー作品を執筆しております。 【異端ノ魔導師と血ノ奴隷】を書きはじめて4年目。 2000~5000字を月2,3回の更新目指して活動中の社会人です。 【異端ノ魔導師と血ノ奴隷】では、 ファンタジーの真髄を描きたいなどと夢見ております。 が、根っからの腐属性を拭いきれず... BL要素有りです。 古風な文体、言葉の持つ意味深さや情緒を 学びながら表現に取り入れることを好み、 漢字も多めに用いますが、時にはライトに切り返す事もあります。 小説と認識されるものではあるはずですが、 当人はこれを《文字、ひいては言葉、文章を用いた芸術》と思い、 形式や読者うけに拘らず、自分の書きたいように進めております。 ◆[横組み]推奨 ◆顔文字なんか使って時々、遊んでます。

Loading...