評価経済決済法

ブックマーク

シリーズなし

  • 文学
  • 仮想通貨
  • 評価経済
  • 時計技師
  • 職人

連載中

全16話

全30467文字

8pt

2019.02.23公開

2019.05.24更新

2032年、東京オリンピックも終わり、超少子高齢化に直面している日本。 景気を回復させようと日本政府は「評価経済決済法」を制定する。 この政策により、世の中は評価経済が重視されることになっていく。 反発の声も多い中、若者たちは思いのほかすんなりとその変化を受け入れていた。 尾上涼太もその一人であり、夢である独立時計技師を目指していく。 日本は少しずつ、その経済のカタチを変容させようとしていた。

この作品の評価

8pt

続きを楽しみにしてます!

2019.03.07 11:24

深山霧

1

作家情報

木村文彦

5フォロワー

木村文彦(きむらあやひこ)です。宜しくお願い致します。

Loading...