散華の果てに返り咲く | 第零章『始まりの散華』
アオピーナ

第一話『水を象る花弁を胸の内に秘めて』

 見渡す景色を薄めた色が水面で煌めき、鏡のように反射する。  その鏡面には幼き少女の勝気な瞳と艶やかな桃髪が映り、小さな下唇を突き出して顔を引っ込める。  辺りは水色の瘴気と薄闇に包まれ、朱く燃えるポインセチアの花は神秘的な彩りを魅せていた。  「もうこんな時間……」  一世紀程前に存在した古人類は、今の時間を機械と呼ばれる文明の一つである電気を使って凌いでいたと言われているが、彼女達はそれを全て花で成す。 「──|咲螺《さくら》」  不意に後ろから名前を呼ばれ、少女は湖畔に座り込んだまま身体を後ろに向ける。藍色の髪を後頭で結ったその少女は、端正な顔立ちと相まって村の皆からは将来の騎士様と評判である。 「またここでおさぼり? ママ達が怒ってたよ」  苦笑混じりにそう言いながら隣に座る彼女の肩に、咲螺はごろりと頭を預ける。 「しょうがないじゃない。めんどうなものはめんどうなの!」 「咲螺のお役目は物凄く名誉なことなんだよ?だから面倒なんて言っちゃだめだよ」 「だったら|永絆《なずな》がやればいいでしょ? ……全く、皆は口勝手に原初の巫女様と似ているからって言うけどさ、それってわたしの外見だけしか見てないよね」 「あー、拗ねてるのはそこなんだ」  頬を膨らませる咲螺に、永絆は再び苦笑する。そして不満を露にする彼女が纏う装束に目を移す。  さながら巫女が着込むといった純白のそれに、所々に施された彼岸花の刺繍。  永絆も別のお役目で装束を着てはいるが、彼岸花の刺繍と村の巫女としてのお役目は彼女だけの特権だ。  そんな名誉ある装束も、癇癪の果てにしわくちゃとなっては報われない。 「大人になると、やっぱり余裕が無くなって視野が狭まっちゃうのかな。でも永絆は違う。本当にわたしの中身まで好いてくれるのはあなただけよ」  そう言って屈託ない笑顔を向け、肩から頭を離すと頬にそっと口づけた。  その突然の不意打ちに、永絆は凛とした相好をじわじわと浮かぶ朱で崩し、「ほわわ……」と目をぐるぐるさせる。 「永絆がこんなに可愛らしい一面を見せるのも、わたしにだけだしね!」  羞恥に惑う永絆の様子に誇らしげに「ふふん」と満足げに鼻を鳴らすと、やがて立ち上がり永絆に手を伸ばす。 「あなたの可愛さに免じて、今日のところはママ達に叱られに行ってあげるわ!」  その返事を聞くと、羞恥に惑っていた騎士は手を掴んで「もう、勝手なんだから」と悪態をつき、すぐに口元を緩める。  二人は手を繋いだまま、青々と茂る森へと進んでいく。この先に村と二人の家があるのだ。 「|珠爛《すずらん》様は怒ると怖いよ?」 「このわたしにかかれば紅ママなんて敵じゃないわっ。それと、様付けはしなくていいと言った筈よ?わたし達はもう家族なんだから」  不安げな顔をして隣歩く永絆に、咲螺は頼もしく、そして満面な笑みで元気づける。  その励ましを受け、虚をつかれたような表情をした後、彼女は照れ臭そうにして言った。 「ごめん、つい癖で。でも、ありがとう……本当に。あの家も、村も……本当に皆から良い人達ばかりだよ」  「そうでしょ?」 「ま、だからこそ、その良い人達の期待を裏切らないよう、お役目はきちんと果たさないとね」 「ぐぇっ。……それはそれよ。お水に流しましょ」 「そんなことでお水を使わないで」  ここでお返しと言わんばかりに正論を説く永絆に、咲螺は渋面を作るほか出来なかった。  段々と増えていくポインセチアの灯火が、二人の少女を歓迎していた。 ****  館葵村は、蒼く澄み渡るような森の畦道を抜けた広場にあり、木組みの家と花々で彩られた装飾が映えるごく普通の集落だ。  その村の民家が一つである平屋のリビングルームで、今まさに修羅場が開幕していた。 「今度おさぼりしたらどうなるか……言いましたよね?」 「聞いたような……聞かなかったような……あ、やっぱり聞きました」  先程までの威勢が嘘であるかのように縮こまる咲螺に、今となれば不思議と恐ろしく映る笑顔で静かに問いかける聖女の姿があった。  聖女──そんな表現が当てはまるぐらい、彼女の常の笑顔は万人を魅了する。  栗色の髪を斜めに切り揃え、豊満な肢体を色とりどりのスイートピーが飾られた衣装に身を纏う様は、姫君と言う表現もあながち間違いではない。  そんな姫君も、今となっては世にも恐ろしい暴君の鬼気を纏っているが。 「それでは世にも恐ろしいお仕置きの時間といきましょうか」 「待って待って。その前に──はい、別に毎日わたし達を養ってくれてありがとうとかって訳じゃないけど、プレゼント」  背中を震わせながらも照れ隠しのように素っ気なく渡す。  そんなバラバラな行為を器用にこなして渡したのは、赤いクローバー──ムラサキツメクサと呼ばれる花だった。  花言葉は『勤勉』。いつもありがとう、と言った意味を込めたものではあるが…… 「あらあらまあまあ! なんて親孝行な娘なのでしょう……これは押し花にでもして飾っておくわっ」 「うん! わたしもそうしてくれると嬉しいかも。そういえば、今日の夜ご飯はなーにかなぁ……」 「それはそれとして、何回がいい?」 「へ? おかわりのこと?」 「ううん、お尻叩き」 「あー……」  生き生きとしていた小柄な背は再び縮こまり、傍らにいる永絆に捨てられた子犬のような目線を向ける。 「はい、それでは行きましょうね。そうだ、永絆、|純麗《すみれ》がまだ妖獣退治をしていると思うから、少しばかり教えて貰いなさい」 「う、うん。分かった」  もう一人の母の逞しい姿が脳裏に浮かび、意気揚々と頷くと、咲螺に不器用に片目を瞑って謝り、木の扉を開けて外へ出た。 ****  湖畔とは反対方向の森へと入り、息を弾ませて駆けていく。  左右に荘厳と聳え立つ木々は、まだ十二である少女からしたら気圧されるものがある。  その枝先にあるポインセチアが道を照らし、光の中から程なくして石で作られたモニュメントが現れた。  左の壁にはこの世界が創られる前の人類と大戦の様子が簡単に、そして右の壁には永絆達のことが描かれている。  この世界──『虹華楼《こうかろう》』は、文字通り各々の色を持つ花々が八重咲いて作られた花の世界だ。この村があるのは八階層が一つ、水の第五階層の端の方である。  花を扱う『花赦』と呼ばれる性質の下に、花を道具として使い、生活し、やがて運命に示された結人《ゆいびと》と共に結ばれ、共に花赦を繋いで子を咲かせる──それが『花赦人』である彼女達の宿命であり運命だ。  昔から何度も言い聞かされた少女達の神秘。  永絆はそれらの絵画を撫で、中心で神々しく祀られている原初の巫女の像に手を合わせて祈った。  内容は勿論、明日の儀式について。咲螺が成功するように、そして自分も失態を晒さないように。  この習わしも、珠爛から口酸っぱく言われたことだ。あの聖女のように若く美しい母は、こと原初の巫女に関する事柄になった途端に厳しく、それでいて儚げな表情をするのだ。  それに関しては咲螺も気付いている。   だからこそ、原初の巫女から始まる巫女のお役目を、似ているといった理由だけで自分が行っていいのかという彼女なりの負い目もある。  祈りを終え、銅像の麓にある硯箱を開ける。  中にはスイートピーの花弁で作られた|大麻《おおぬさ》が入っていた。  祓いの儀の際に扱うようなそれを手に取ると、像から離れ、中空に円を描く。  すると、描かれた円の内側の景色が歪み、花弁が持つ多様な色が妖しく光り出す。  これが珠爛が持つ力──『花護』である『|別離の布《スイートピー》』だ。  相変わらず自分の紅母は凄いなと舌を巻き、距離を超越する空間の転移に身を委ねた。 **** 「──息吹け、『|不変の光杖《アンモビウム》』」  白い光が薄闇を一閃し、巨影の軍勢の動きを一挙に止めた。  昆虫が持つ六本足に肉食獣の獰猛な爪と牙。前文明では別個で存在していたとされる虫と獣。  だが、この世界では当たり前のように彼等は融合体として闊歩している。  しかし、そんな凶暴な生物も目の前に佇む狩人にしてみれば、いとも容易い食料として映るのである。   眩く煌めく白光は薄闇よりも深い黒髪を目立たせ、同色の浴衣からすらりと伸びる白い手脚が自然と目を惹く。 「純麗《すみれ》様、やっぱり凄い……」  自然と口から感嘆が漏れる。それを聞いた当人はゆっくりと振り返り、切り揃えられた前髪の下で、精悍な顔付きに柔和な笑みを浮かべた。 「なぁに、お前にもすぐ使いこなせるさ」  そう言うと、純麗は杖を持つもう片方の手に持つ『スノードロップ』に手甲から出した翡翠色の管──『花赦』を繋ぎ、停滞する獣達を見ずににそれを握り潰す。  すると、獣達に向かって雪色の雫が飛散し、瞬く間に生気を奪っていった。 「命の死を望む危険な花だ。お前にはちと早過ぎるかな。一歩間違えば自分が死ぬ」 「それは……怖いね」  軽く言われた物騒な文言に、背を震わせて慄く。そんな彼女の頭を純麗はわしわしと撫で、悪戯に笑う。 「そんなんで愛しのお姫様を守れるのかぁ? 他の奴に取られちまうぞ」 「な……っ、咲螺はぼくの──」 「ぼくの?」  言った直後に頬が火照り、二の句が継げない。 「将来の、こい……」 「そこは恋人止まりじゃなくて結人《ゆいびと》だろうがっ」 「うぅぅ……」  咲螺が居ないところで勝手に彼女との将来の展望を勝手に語るのも云々……といった言い訳なら幾らでも出てくる。  だが、目の前の白母にそんなものは通用しない。いつだって自分に対して正直に、真っ直ぐ生きてきたのだろう。  そんな彼女に、永絆は強く憧れていた。 「まあ、いつか力強く抱ける日が来るさ。私もそうだ。今となっては珠爛は私の結人だが、昔はそうともいかなかったからな」 「え、それって珠爛様には他の意中の人が居たってこと?」 「ああ、そうだ。そこから色々あって今に至る訳だが」 「色々って何があったの? まさか、寝、寝、寝ど──」  今度は好奇心で頬を赤らめて迫る永絆に、純麗がたじろぐ番だ。 「んなことしねぇよ! ていうか、そんなこと誰から教わったんだ!」 「そういえば、その妖獣達ってお肉が美味しいので評判だよね。怖いけど」 「急に話を変えるのは子供の特権だな……。そうだ。珠爛が目を蕩けさせる程の絶品だ」  と、豊満な胸を張り、もう一度アンモビウムの光を放って今度は中空で一列に停滞させ、そのまま運ぶ。 「本当に凄いよね、純麗さ……ママの花護」  純麗が担いでいる細く長い白磁の杖に目を輝かせる。先端にはアンモビウムの花が咲いており、柱頭から放たれる白光に当てられたものの動きが止まるのだ。 「使い勝手は良い。だが、こいつも使い方に気を付けねぇと自分の大事なもんも止まっちまう」 「その言い方だと、ママは間違って止めちゃったものがあるの?」  なんとなしに聞いたその質問に、純麗は目を見開く。その強く凛とした瞳は幾らかの悲哀の情を帯びていて。  一瞬、原初の巫女を語るもう一人の母と重なって見えた。 「止めちゃったっつうより……止めたんだ。……それが必要だったからな」  小さく呟かれた後半の言葉は、すぐに薄闇へと消えていった。  そして純麗はすぐにまたぎらりと笑い、永絆の肩を叩く。 「お前にも持つものはあるんだ。姫君の騎士様に相応しい剣がさ」 「でも、これは……」 「それが例え不本意なきっかけで得た力だとしても、望まぬ咲き方だったとしても、育てるのはお前だ。そこに誰かを守りたいっつう意志があるんなら、尚更な」  低く真面目に言われたその言葉は胸の奥に強く響いた。そして胸の奥に暖かいものが沈殿し、脳裏に浮かんだ暗い記憶の靄が吹き去っていく感覚があった。 「うん! ……よぉし、ぼくもママみたいに立派な狩人になるぞぉ!」 「そのうち、狩るのは獣だけに留まらなくなったりしてな」  「それってどういう意味?」 「なんでもねぇ。ガキにはちと早過ぎた」 「むむむ、また子供扱いしてる……」  頬を膨らませる永絆の額を、純麗がデコピンで弾いてふふんと笑う。永絆は「もう……っ」とポニーテールを逆立てるも、釣られて笑った。  そうして他愛の無い会話をしつつ、二人は今晩の食料を連れてスイートピーの花弁と共に村へ帰還したのだった。

ブックマーク

この作品の評価

0pt

Loading...