散華の果てに返り咲く | 第零章『始まりの散華』
アオピーナ

第〇話『また会う日を楽しみに』

 一面に咲き乱れる彼岸花の群れは、薄れていく意識と相まって強く『死』を連想させた。  そんな散りゆく花弁を思わせる少女を囲む形で、何人もの少女は瞠目して祈りを捧げ、その身から芽を見せる花に意識を傾かせているように見える。  聖なる力の蕾が産声を上げるかのようにそれは微かに唸り、その源であるのだろう少女との見えずとも確かな繋がりを感じさせた。  そして、自分の名を呼ぶ声を、滂沱の涙と滾る激情と共に耳朶で捉える。  右手には小指と彼女の小指で結び付けられた約束。  きっと、何か大事な約束をしていたのだろう。けれど、追憶はこれ以上深く沈むことは無く。  淡々と近付く終わりに身を委ねて、消えゆく景色の中でも尚咲き続ける紅蓮の花を見遣る。  妖しく煌めくその花は、誰よりも少女を深い闇へと歓迎しているように思えた。  きっと、この先に待ち受ける眠りは、以前のそれよりも遥かに長いのだろう。  そうなればきっとこの子を悲しませてしまう。  もう一度出会うことがあるのなら、せめて笑顔でいて欲しい。  そう思って。  「────」  傍らに立つ妖精に、祈りを捧げた。  呪われたように狂い咲く彼岸花と、己の名に秘められた花言葉を添えて──。 ****  永劫の時を生き、若く美しい容貌で大勢の者達を導いた女王は、今まさに朽ち果てようとしていた。    焼け野原を覆い尽くす銀色の雪に、体温と意識は徐々に攫われていく。  無機質で尚も進化を続ける科学技術と共に、女王は片時も忘れることなく、想い人を胸の内に留めながら邁進してきた。    しかし、それも今この時を以て終わりだ。  花にその身を赦した彼女らは、自分達の新たな世界へと逃げ込んだ。  ならば、地上を統べた自分達にもはやこれ以上戦争を続ける理由は無い。  「……っ」  ──その力さえも今は無いのだから。  どくどくと流れ出る血を片手で抑え、眼前に佇む妖精を睥睨する。  怨嗟の念が幾重にも入り交じった濁たらしい瞳。    だが、怯みはしない。  確固たる決意の下に、なけなしの力を振り絞って王は手に持つ宝石を妖精にかざした。  煌々と七色に光る花の石。  それは瞬く間に妖精の力を取り込み、やがてそれは王の掌に持つ石へと帰結する。 「さようなら。そして、もしまた会えたなら……」  吹雪が轟いてその先の言葉をかき消し、王の身体は下へ、下へと落ちていく。    花の石と同じく、虹色に咲き誇る花の世界へ。 ****  『花赦人』と呼ばれた乙女達と、彼女らを兵器で殲滅しようとしていた《《人類の生き残り》》は、花赦人達が地下の『虹華楼』に逃げ込んで、間も無く巨大な花の毒素によって崩壊した。  その『散華の日』から百年以上が経過した、ある『返り咲きの日』—— 「——永絆《なずな》。私は、こんな結末を望んではいなかったわ」  そう呟いた女は、桃色の複雑に編み込まれた髪を靡かせ、纏う黒衣の袖から桜色に光る腕を出し、手甲に咲く『調和の光子《コスモス》』を撫でた。  対して、永絆——そう呼ばれた女は、純白のドレスを揺らし、地に刺す『祈りの星剣《アングレカム》』の柄を握り締め、星型に咲く剣花の先を向けて言った。  青く澄み渡るような瞳が、同色を帯びた長髪の下から対面者を睨む。 「僕も、そう思っていたよ……咲螺。けれど、これは仕方が無いことなんだ」  対峙する二人の頭上では、灰色の空がその場所を——紅の第一階層にある宮殿を俯瞰していた。    咲螺は、右眼にネリネの紋様を咲かせて紡いだ。 「——『調和の光子《コスモス》よ」  永絆も、右眼にリンドウの紋様を咲かせて応えた。 「——『祈りの星剣《アングレカム》よ」  最後に一つ、各々、己の心に宿る灯火を滾らせて。  同時にそれを唱える。 「「——狂い咲け」」  双方が咲かせる決意の花が、今激突する。  これは、散華した者達による、返り咲きの物語。  これは、花で成された世で乱れ咲く、決意と覚悟の物語——。

ブックマーク

この作品の評価

0pt

Loading...