帰還

 長生が逃げてほどなく、役人に率いられた兵士が乗り込んできたので、袁紹を呼んでもらった。 「いやはや、災難だったなぁ|子伯《しはく》どの」  もちろんだが、袁紹には素性を明かしていないので、彼は劉備のことを青洲の王子伯だと思っている。 「もうしわけございません。このような夜中にお呼び立ていたしまして」 「なんのなんの。私で役に立つのなら、いくらでも頼ってくれていのだよ」  しかし、夜中の呼び出しに応じてくれるとは、袁紹って意外といいやつなんだな。 「しかし、たまたま呼び出された邸宅で、人殺しに出会うとは、なんとも不運でしたなぁ」 「まったくです。このことが本初どのや|曹《そう》|部尉《ぶい》の迷惑にならなければいいのですが」  曹部尉ってのは、北門の警備責任者である|北部尉《ほくぶい》、曹操のことだ。  本人を前に劉備は『部尉どの』なんて言ってたけど、本来役職に敬称はいらない。  いってみれば『社長さん』とか『部長さん』とかいうニュアンスに近いんだろうな。 「なんの。あいつの職務はあくまで北門の警備だからな。町中の犯罪はまた別の管轄だ」  この場に曹操が出てくると面倒なことになるかもな、と思ったけど、管轄違いの場所に顔を出すほど彼も暇じゃないらしい。  それから十日ほど、なんども呼び出されて事情聴取を受けたが、鄧に呼び出されたことと長生を逃がしたこと以外、ほとんど事実しか話していないので、すぐに疑いは晴れた。  犯人を逃がしたのではないかという嫌疑もあったけど、そこは張飛と長生がガンガン打ち合ったことが幸いして、襲われたのを撃退した、ということで納得してもらえた。 「本初どの、お世話になりました」 「いやいや、たいしたもてなしもできず、すまなかったな」  洛陽に来て半月以上付き合っているあいだに、袁紹の態度も随分と砕けてきた。  この国では長幼の序の教えが行き渡っているので、年齢による上下関係が自然にできあがる。  袁紹は劉備より5~6歳ほど年上なので、少し偉そうなしゃべり方になっているけど、劉備は気にしていないようだ。 「また青洲から来い、とは軽々しく言えんが、縁があれば会うこともあるだろう」 「かさねがさね、ありがとうございます」 「だから気にするなと言っている。さぁ、門の外まで送ろう」  袁紹の先導で門を出る。  とくに取り調べもなく、すんなりと城門をくぐることができた。 「あの、曹部尉は?」  俺も気になったところだ。  曹操がいれば、鄧殺人事件について、ひと言ふた言文句を言ってきそうなものだけど。 「ああ、孟徳なら異動になったよ」 「異動? なぜまた」 「うむ、|蹇碩《けんせき》のことがあってな」  いまの皇帝、|劉宏《りゅうこう》には何人かのお気に入り|宦官《かんがん》がいる。  宦官ってのは皇帝の|後宮《こうきゅう》の世話をする人たちのことだ。  後宮ってのは、ハーレムとか大奥みたいなところだ。  女性ばかり後宮で悪さができないよう、去勢して職務に当たる。  ただのお手伝いさん的なポジションのはずなんだけど、皇帝に近い場所にいるせいで、権力を得たりすることもままある。  実際、いま現在も|張譲《ちょうじょう》を筆頭にした宦官たちが、漢帝国を牛耳っている、なんていわれてるからな。  ちなみにその連中は|中常侍《ちゅうじょうじ》という皇帝の世話役に就いていて、12人いるその中常侍を別名『|十常侍《じゅうじょうじ》』なんて呼ぶんだとか。 「蹇碩は中常侍の職にはないものの、天子のお気に入りであることに変わりはなくてな。その親族もそれなりに幅をきかせていたのだよ」  その蹇碩の叔父が、ある日夜間通行の禁令を破って北門を通った。  その叔父を、曹操は法に則って罰し、棒打ちの刑罰によって殺してしまった。 「宦官どもはなんとか孟徳を亡き者にしようと動き回ったのだが、あいつに非はない。まぁ祖父の威光もあって、張譲も下手に手を出せなかったのだろう」  曹操の祖父は|曹騰《そうとう》といい、先代の|桓帝《かんてい》お気に入りの宦官だった。  いまは引退しているが、それでもいまだ後宮にそれなりの影響を持っている。  張譲や蹇碩、そして曹騰のことを話す袁紹は、面白くなさそうな顔をしているので、彼は宦官が嫌いなんだろうな。 「どうにも罰しようがない、しかし曹操を洛陽から追い出したいと思った張譲は、結局あいつを栄転というかたちで|頓丘《とんきゅう》の|県令《けんれい》にしたのだ」  県令ってのは、市長とか町長くらいに考えとけばいいのかな。  警備主任から市長ってんだから、やっぱ栄転だよなぁ。 「そうですか。最後にごあいさつをしたかったのですが……」  そう言って残念そうな顔をする劉備だけど、内心ほっとしてるにちがいない。 「まぁ孟徳には私からよろしく伝えておこう。もしなにか困ったことがあったら、|豫州《よしゅう》の袁家を頼るといい。では、縁があればまた会おう!」 「このたびは、本当にお世話になりました」  洛陽に背を向け、歩き始める。  帰りに、近くの村に預けてある馬車をひきとらなくちゃな。  はぁ、またあの地獄のロードが始まるのか……。 「いいやつだったな、袁紹」 「そうだな。御しやすくはあったかな」  穏やかな口調でそういうことをさらっというから、こいつは怖いんだよ。 「だが、もう会うこともあるまい」 「どうかな」 「偶然会うことはあっても、世話になるようなことはないだろう」  そういうのを、俺の時代じゃあフラグっていうんだぜ?

ブックマーク

この作品の評価

30pt

Loading...