先客

 鄧の屋敷に忍び込み、死体を発見した俺たち元に、男の悲鳴が聞こえてきた。 「玄徳、いまのは?」 「わからない。だが、ここにいてもしかたがないだろう」 「おれが、先にいく。兄貴たちはあとから来てくれ」  先行する張飛に続いて、悲鳴の聞こえた部屋に入る。  室内には男がひとり、肩から腰までを袈裟懸けにバッサリと切られ、ドバドバと血を流して倒れていた。  そしてその傍らに、別の男が|薙刀《なぎなた》のような武器、|長柄刀《ながえとう》を手に立っていた。  だらりと下げた手に持たれ、刀身を下に向けた長柄刀の切っ先から、ポタポタと血が落ちている。  どうやら、この男が、倒れている男――おそらくは役人の鄧――を殺した犯人だろう。 「なんだ、もう追っ手が来たのか。都の役人はよく働くじゃないか」  ふとこちらを見た男がそう言い終えるが早いか、ガキィン! と金属同士のぶつかり合う音が室内に響いた。  なにが起こったのかまったくわからず、なんとなく音のほうへ目を向けると、いつの間にそうなったのか、男の長柄刀を張飛が棒で受け止めていた。 「ほう、オレの一撃をうけとめるとは。なかなか骨のある役人だ」 「てめぇ、さっきからなにを――」  張飛の言葉を遮るように、男は長柄刀の柄を振り上げた。  石突きが張飛の顎を打ちそうになったが、彼はそれを紙一重でかわし、仰け反ると同時に引いていた棒を、即座に繰り出す。  男はその一撃を、長柄刀をすぐに戻して弾いた。  そこからは、すさまじい攻防が繰り返された。  長柄刀と棒、同じ長物同士での戦いは、どちらが優勢ともなく一進一退を繰り返している。  振り回される武器から発生した鋭い風が頬をうち、長柄刀と棒ががぶつかり合う衝撃音が耳に響く。  あの張飛とここまで打ち合えるこの男は、一体何者だろう?  何十|合《ごう》と打ち合ったふたりが、一瞬引いて間合いを取る。  ふたりとも呼吸は激しくなっていたが、息が切れているという感じではない。  室内は少し肌寒かったが、ふたりは大量に汗をかき、安物の服が肌に貼り付いていた。  肩で息をする張飛の厳つい体格がほとんど露わになっている。  対する謎の男も、幾分かスマートな体型ではあるが、筋骨たくましく、身長は張飛よりも高そうだった。  汗が蒸発して湯気ととなり、淡い灯火の揺らめきもあってか、まるで格闘マンガの闘気みたいだった。  にらみ合うふたりの呼吸が徐々に静まり、あたりが静寂に包まれる。 「どうやら先を越されたようですね」  静寂を破るように、劉備の声が割り込んだ。  それと同時に、男の身体から、ほんの少しだが力が抜けたように見えた。  張飛はあいかわらず殺気全開で男に向き合っているが、劉備の話を邪魔してまで襲いかかるようなことはなさそうだ。  張飛は男と劉備のあいだを遮っていた自身の身体を、半歩斜め後ろに下げた。  男と、劉備の視線が交錯する。 「そこに倒れているのは、役人の鄧ではないですか?」 「ああ、そうだ」  男の返事に、劉備はふっと笑みを浮かべた。  魔性のアルカイックスマイルを受けて、男の雰囲気がさらに和らぐ。  張飛のほうも、少し警戒を緩めたようだ。 「私は劉玄徳と言います。ゆえあって幽州よりその鄧を殺しに来たのですが」 「……そうか」  そこで男は構えをといた。  同時に、張飛も棒を降ろす。  しかし大丈夫か、本名を名乗っちゃって。 「名乗らせておいて、こちらがだんまりでは無礼だな」  そう言うと、男は構えをといて仁王立ちになった。  それを受けて張飛は、いつでも動き出せるよう腰は落としたままにしつつも、男に向けていた棒を引いた。  おお、どうやらこの場はうまく収まりそうだな。  しかし、張飛とこれだけやりあえるんだから、こいつもただ者じゃないはずだ。  もしかすると、俺も知ってるような有名人かもしれないぞ。 「オレは|管《かん》|長生《ちょうせい》。妹の仇として、この鄧を斬った」  ……いや、だれだよ?

ブックマーク

この作品の評価

30pt

Loading...