ふたりの大物

 |青洲《せいしゅう》から来た|王《おう》|子伯《しはく》という偽名を名乗る劉備と、イケメン門番で押し問答をしているところに、別の男が割り込んできたんだが……、こいつイケメンのことをなんて呼んだ?  |孟徳《もうとく》って、言ってなかった!? 「なんだ|本初《ほんしょ》、また暇つぶしに来たのか?」  本初? 本初っていったよな、いま!?  つまり、このイケメン|部尉《ぶい》が|曹操《そうそう》で、もうひとりは|袁紹《えんしょう》ってことか!!  やべーぜこりゃあ……いきなり主役級が出てきたぜ、おい!  がんばって都に来た甲斐があるってもんだよ!!! 「なんでぇ先生、さっきからニヤニヤしてよぉ」  張飛が耳元で囁く。  おおっと、つい興奮しちまったな。  ここはひとつ、俺もアシストしとこうか。 「失礼ながら、|袁《えん》|本初《ほんしょ》さまとお見受けしますが?」 「そうだが、なにか?」 「おお! さすが|四世三公《しせいさんこう》と名高い名家の方ですね! ひと目で|貴《とうと》い方だとわかりましたよ!!」  言葉の意味はよくわらんが、シセーサンコーって言ったら袁紹は気分がよくなるって、マンガで読んだよ。  代々偉い人を輩出したって感じのだったかな? 「はっはっは、それはどうも」  そう言って袁紹は得意げに鼻を鳴らした。  チョロい。 「まぁ、私ほどにもなれば、人の本質を見る目もそれなりにあるものでな。そういう意味では……王さん、でしたかな? あなたもひとかどの人物なのでしょう」 「おい、本初!」 「まぁまぁ孟徳、落ち着け。見てわからんか? その剣も立派だが、この方も見るからに高貴な容姿ではないか。服装は乱れているが、それで私の目はごまかせんよ」  よしよし、袁紹のやつがいい感じに動き始めたぞ。 「なんの、私などただの田舎者でございますよ」 「そうだな。身分の不確かな田舎者だ。よって、早々に立ち去るがいい」 「だから孟徳、待てと言っている」  袁紹の|横槍《よこやり》に、曹操が眉をひそめる。  いいぞ袁紹ー! もっとやれー!  なんて思ってたら、突然劉備が頭を下げた。 「これは……どうやら私のわがままのせいで、おふたりの友情に亀裂が入りそうですね。名残惜しくはありますが、今回は諦めて帰ることにしましょう」  劉備はそう言うと頭を上げ、例のアルカイックスマイルを浮かべた。  曹操はあいかわらず眉をひそめているが、袁紹は目を見開いて、どこかぼうっとしている。 「待ちたまえ!」  踵を返して去ろうとする俺たちを、袁紹が呼び止める。  袁紹に背を向ける劉備の口元が、ニヤリと歪んだが、振り向くころには穏やかな表情に変わっていた。 「なんでしょう?」 「私が保証しよう」 「本初! お前なにを言っている?」 「お前こそさっきからなんだ! 鬼か!?」  袁紹が詰め寄り、曹操がわずかに怯む。  眉根を寄せる顔もまたイケてるな。 「洛陽住まいのお前にはわからんかもしれんが、旅とは過酷なのだ! |豫州《よしゅう》と都とを行き来するだけでもかなりの労苦なのに、青洲はさらに遠い!」  青洲から来たってのは嘘なんだけど、|幽州《ゆうしゅう》からの距離を考えるとそんなにかわらんのだよね。  ほんと、かなりしんどかったよ。 「それほど遠くからはるばる都を見物に来られたのだぞ? 1日くらい滞在させてやってもいいではないか!!」 「知るか。俺は法に則って判断しているのだ。たとえどれほど高貴な出だろうが、身分の不確かな者を都に入れるわけにはいかん」 「だからその身分を私が、この袁本初が保証してやろうといっているのだ」  その言葉のあと、曹操の顔から一切の感情が消えた。  あたりの気温が2~3℃下がったように感じられる。  その場にいる全員が息を呑み、友人である袁紹でさえ、一時目を逸らしたが、すぐに向き直った。 「本気か、本初?」 「お、おう、本気だとも」 「お前が身分を保証するということは、その|王《おう》|某《なにがし》が都で法を犯せば、お前も罪に問われるということだぞ?」 「くだらん! そんなことになどなるものか!」 「こいつは善人のふりをした賊徒で、都の住人を手にかけるかもしれんのだぞ?」  曹操、ビンゴ! 「そのときは私の首でもなんでも、好きに持っていくがいい」 「言っておくが、たとえお前が相手でも手心は加えんぞ」 「ふん……|蹇碩《けんせき》がらみの話、知らぬわけじゃない」  しばらく無言で見合っていたふたりだったが、ほどなく曹操が肩を落とした。 「……ふぅ。いいだろう。お前がそこまで言うなら、通してやる」 「ありがたいお話ではありますが……袁どのにご迷惑をかけるわけには――」 「いいのだいいのだ! せっかくはるばる青洲より来られたのだ。都を満喫していってくだされ」 「おお、なんとお礼を申し上げてよいか……。これで郷里の者に土産話ができるというものです」  大仰に頭を下げる劉備を、曹操は冷めた様子で一瞥した。 「では明日の日没までにここを出るように」 「おいおいケチくさいことをいうなよ孟徳。この洛陽は1日で見て回れるほどせまくはないぞ?」 「いえ、1日だけでも都を見られるだけありがたいのです。これ以上無理を言うわけには……」 「なんの、十日でもひと月でも、ゆるりと滞在なさるがいい。なにか困ったことがあれば、この袁本初を頼りなさい。はっはっは!」  袁紹は気前よくそう言うと、高笑いを残して消えていった。 「俺は友人を裁きたくはない。下手なことはするな」 「はい、わかっております。お手数をおかけしました、部尉どの」  深々と頭を下げた劉備は、珍しく冷や汗をかいているようだった。

ブックマーク

この作品の評価

30pt

Loading...