異聞平安怪奇譚 | 将門の過去 日輪の如くアヅマに輝く
豚ドン

ミチナキ

 |平良兼《たいらのよしかね》が|水守《みもり》営所に軍勢を率いて、|駐留《ちゅうりゅう》する事にしてから、一ヶ月が流れた。  |薫風《くんぷう》が|鼻腔《びくう》をくすぐり、|夏空《なつぞら》高く、それに合わせて雲の峰が上がってゆく。  |平良兼《たいらのよしかね》は|焦《あせ》っていた。  |化生《けしょう》の|痕跡《こんせき》や名などが分かれば、焼け石に水であっても、多少は|対処《たいしょ》が|易《やす》くなる算段であったが。……  一月の間に何も情報は得られず、流れる月と日を眺めるだけであった。  良兼は|唸《うな》り声を上げながら、集まった全軍を見渡す。 「易々と尻尾は出さないか。……致し方あるまい」  小声で、ぼそりと呟く。  良兼はゆっくり、集った兵達の前に立つ。 「これより! 我らは進軍する! 気を引き締めよ!」  |鎮守府《ちんじゅふ》将軍を務めた、良兼の声色は|凄《すご》みがあった。  歴戦の兵達は手を挙げ、各々が雄叫びを上げる。  平良正の集めた年若い兵は大地が|鳴動《めいどう》している錯覚に|陥《おちい》り、浮き足立つ。 「待った!!」  雄叫びに負けないほどの大声が、軍勢の|遥《はる》か後方より聞こえ、|響《どよ》めきが起こる。    誰もが、その声の方向に釘付けとなった。  鍛えられた筋肉の上に、虎の皮で|威《おどし》を|施《ほどこ》された鎧を纏い、虎のように眼光鋭く、獲物に歩み寄るように、ゆっくりと。――正に虎の化身ともいうべき、存在感と威圧感の若武者。  歩くごとに兵は気圧され、道が空いてゆく。  悠々と陣内を歩き、良兼の目の前に立つ。 「|平國香《たいらのくにか》が息子。|平貞盛《たいらのさだもり》! 遅ればせながら参陣致しました!」  貞盛は自信に満ち溢れた顔と声で高らかに宣言する。  |粋《いき》な貞盛の登場に、そしてその演出に、兵達の士気は上がってゆく。  |良兼《よしかね》は密かに、誰にも見えないように握り拳を硬くする。――|いつか《・・・》のように血が滲む。 「よくぞ参った、|甥《おい》である貞盛よ! 我らに大義あり! 戦さである! |良正《よしまさ》を先頭に進軍せよ!」  怒りを顔と声に浮かべないように注意を払いながら、|檄《げき》を飛ばし、全軍に指示をする良兼。  馬に乗った、|平良正《たいらのよしまさ》を旗印に全軍が駆けてゆく。  水守営所に残ったのは良兼と僅かな手勢、そして貞盛のみであった。 「|御無沙汰《ごぶさた》しております、良兼|叔父上《おじうえ》。|此度《こたび》の戦さの為に。……その後の|坂東《ばんとう》と一族の為に|此方《こちら》に残りました」  貞盛の顔に悪意はなく、考え抜いて本心からの行動であった。 「そうか、貞盛。そうか、そうか。……」  良兼は笑みを顔に貼り付けたままに、貞盛にゆっくりと歩み寄る。 「この|阿呆《あほう》が!」  良兼の怒声とともに繰り出された右拳が貞盛の左頬を捉える。――良兼は同時に貞盛の足を刈り払う。  ――巨体がいとも簡単に宙に浮く。  |翻筋斗打《もんどりう》って倒れる貞盛と舞う血。――良兼の血か、貞盛の血かは定かではない。 「|何故《なにゆえ》、|将門《まさかど》と儂が言った通りに、都へと帰らなかった! 喪が明けたら帰る約束であっただろう!」  ――|怒髪天《どはつてん》を|衝《つ》く。 「叔父上。いっ――」 「黙らっしゃい! お前たち、貞盛を縄で固く縛り上げて、都へと連れて行け!」  地面に転がった貞盛は、あっという間に縄で縛られる。  良兼は貞盛を|一瞥《いちべつ》もせずに、馬へと跨り、先発した軍勢に追いつこうと駆ける。 「叔父上! 何故ですか! 叔父上!」  貞盛の叫び虚しく、馬を駆る貞盛は小さくなっていく。  |承平《じょうへい》六年(九三六)――七月二十六日。  挙兵し水守営所を出陣した、良兼と良正の連合軍は数千の規模であった。  長い列をなし、連合軍は|下野国《しもつけのくに》と|常陸国《ひたちのくに》の境である、下野国庁付近を進軍していた。 「良兼兄上。貞盛の姿が見えませぬが。……将門と通じ、逃げましたか?」  良正は知っていた。……貞盛が坂東に戻った後にも、将門と|慇懃《いんぎん》を重ねている事を。 「なに、大丈夫だ。喝を入れてから下野の|俵藤太《たわらのとうた》。……いや、|藤原秀郷《ふじわらのひでさと》殿への説得に別の道から向かわせた。貞盛は我らの甥でもあり、藤原秀郷殿にとっても甥であるからな」  良兼と良正は並びながら、小声で語り合う。 「なるほど、確かに適役と言えますな」  良兼の|舌先三寸《したさきさんずん》に納得し、良正の顔色が少し良くなる。  川が近いせいか、背の高い|葦《よし》や、|草葦《くさよし》が群生し、風に揺られ、お辞儀しようとしている。 「さて。そろそろか」  良兼の放った言葉は小声であり、軍馬と大軍の足音により掻き消され、隣にいる良正の耳には届かなかった。 「報告! 我が軍の後方より迫る、平将門の軍馬あり! 平将門を先頭に数は、百騎ほど!」  |俄《にわ》かに、|響《どよ》めきたつ軍勢。  |其処《そこ》には、たった百で何が出来る。……と、|侮《あなど》りが蔓延しはじめた。 「全軍! 止まれ! 数の差は歴然としている。しかし、相手は将門だ、侮るな!」  良兼の一喝により、軍勢の響めきは収まり、気を引き締めなおす。 「よし。反転して弓戦用意!」  短い指示であったが、全軍は一糸乱れぬ統制を見せる。――次々に大楯を重ねて配置し、見事な|垣《かき》が築かれた。  二町ほどの距離で、将門が率いる百騎は止まる。 「義父殿に良正よ! 道無き戦さの連鎖を|此処《ここ》で断ち切りましょうぞ! もし、その勇気があるなら弓を置き、兵を退いて下され!」  将門の大声の振動が風に乗り、草原を揺らしながら良兼達の元に届く。 「どの口で言うか! この道無き戦さの大元の原因は! 全て、お前だろうが将門! お前など、戻って来なければ! 早々に死ねば良かったのだ!」  良正が青い顔に|筋《すじ》を立てながら、まくし立てるように叫ぶ。  その言の葉には|怨嗟《えんさ》が篭っていた。  対して、良兼は冷静に将門を見つめる。――口角が上がる。 「話す事など既に無い! 弓隊――」  良正が号令を掛けようと手を振り上げた。  ――その瞬間。左右の背の高い|葦《よし》から、いくつもの影が咆哮を上げながら躍り出る。  武装した伏兵。|平将頼《たいらのまさより》達であった。  |常道《じょうどう》を捨て、身を捨てての疾風迅雷の如き急襲。  それは先の戦さよりも、さらに洗練された一撃。  前列の垣と共に弓隊を粉砕する。 「平将頼! ここにあり! 今こそ、先の戦さの借りを返す!」  鬼気迫る表情で太刀を振るう。――良兼達の前線が崩壊する。 「弓を放ちながら突撃! 敵は烏合の衆だ!」  将門の騎馬隊も突撃を開始し、崩れた前線から逃げていく兵を射抜いていく。  ――崩壊の連鎖は止まらない。  いくら督戦をしようとも統制は既に取れず。  兵達は我先にと将門らの恐怖から逃げ出す。 「くそが! この借りは絶対に返すぞ、将門!」 「いくぞ、良正! |国庁《こくちょう》まで退けえ! 退けえ!」  良正と良兼は千人程を引き連れて、素早く国庁まで退いて行く。  後に残るのは無傷の将門と屍山だけであった。 「兄い! 国庁まで奴らを逃してしまって良かったのですか?」  将門の元に駆けてくる将頼。  その身体には傷一つ無く、余力も十分にあるようであった。  将門は国庁に入っていく、良兼達を遠くに見ながら、将頼の兜ごと手荒に撫でる。 「ふむ、これで策通り。後は国庁を包囲。……そして平良正を此処で消す」  遠雷を聞きながら、将門達は下野国庁へと向かう。  道無き戦さを終わらせる為に。

ブックマーク

この作品の評価

10pt

Loading...