白い椿

   雪の降る晩でした。  囲炉裏の火がパチパチと音を立てています。  じっちゃんの作ったごはんを食べながら、小雪が聞きました。 「おっかちゃんは、どこにいるの?」 「うむ……ふたつ山を越えたところじゃ」 「……いつ、かえってくるの?」 「うむ……雪が解けたらなぁ」 「いつ、ゆきはとけるの?」 「うむ……暖かくなったらなぁ」 「ふぅーん。……はやくあったかくならないかなぁ」  そう言いながら、小雪は里芋を頬張りました。 「……もうすぐ、なるよぉ」  そう言って、じっちゃんも味噌汁をすすりました。  ……いつになったら、あったかくなるの?ずーっと、ずーっとさきだ。だって、まだ、ゆきがふってるもん。……おっかちゃんにあいたいなぁ。――  小雪は、じっちゃんが眠りについたころ、家をそっと抜け出しました。  顔も知らないおっかちゃんに会いたかったのです。  ふたつ山を越えたら、おっかちゃんに会える。 ギュッギュッ  積もった雪を踏む、小雪の足音しか聞こえません。  ……おっかちゃん。  心の中でそう呼びながら、おぼつかない足取りで山道を登りました。  滑っては登り、滑っては登り。 「ハアハア……」  いつまで経っても、前に進めません。  小雪は疲れ果てて、その場に倒れてしまいました。  ……おっかちゃん。  どのぐらい、そのままでいたでしょうか……。 「こゆきや」  女の声がしました。小雪は夢を見ているのだと思い、目を開けませんでした。すると、 「こゆきや、さあ、おうちに帰りましょう」  と聞こえました。  ゆっくりと目を開けると、そこには、白い着物を着た、長い髪の女がほほえんでいました。 「……おっかちゃん?」  小雪は目を丸くしました。 「さあ、おいで」  女が両手を広げました。  小雪は急いで立ち上がると、女に駆け寄りました。 「おっかちゃん!」  小雪は嬉しそうに女に抱きつきました。  女の顔をしげしげと見つめ、そして、その顔に触れました。 「あったかいほっぺ。……おっかちゃん」  小雪は女のやわらかい乳房を掴むと、安心したように眠ってしまいました。―― 「小雪やー」  じっちゃんの声がしました。 「そんなとこで寝たら、風邪ひくぞ。さあ、布団に入って」 「むにゃむにゃ……」  眠たい目をこすると、薄目を開けてみました。囲炉裏の炎が揺れているのが見えました。囲炉裏端で眠っていたようです。  ……あれぇ?どうしておうちにいるの?おっかちゃんにだっこされてたのに。あれはゆめだったのかなぁ……。  じっちゃんが、布団に運ぼうと小雪を抱き抱えたときです。 「あれっ?」  ハッとしました。小雪の着ていたちゃんちゃんこが濡れていたのです。  ……はて、いつの間に外に出たのじゃろ。  土間の隅に揃えてあった小雪のわらぐつには、雪がついていました。  どこに行ってたのじゃろ……。  どうして外に出たのか、じっちゃんには思い当たりませんでした。  ――そして、春が来ました。  庭の白い椿も咲きました。  格子窓から白い椿がのぞいています。  そこは丁度、小雪の寝間が見える場所です。  朝も昼も晩も、いつもいつも、白い椿が小雪の寝間をのぞいています。  じっちゃんはまだ、小雪に本当のことを言っていません。もう少し大きくなってから話すつもりでいます。……おっかちゃんのことを。――  おわり

ブックマーク

この作品の評価

1pt

切なくともほっこりします。 その白い椿に見守られて、小雪はきっと綺麗に成長していくことでしょうね。

2020.02.12 11:06

皐月原 圭

0

Loading...