おらの母ちゃん

  「おっ母ぁ、痛てぇよー」 「このぐれぇ我慢しな」 「我慢できねぇ」 「タコ!男だべぇ」 「だども、痛てぇもん」 「もうちっとだ」 「痛ッでぇーよー!」 「それを我慢するのが男だべぇ」 「おっ母ぁー、痛てぇー」 「もうちっとだ」 「痛ッでぇー!」 「ほら、抜けた」 「……ふぁ~」 「割り箸のトゲが刺さったぐれぇでジタバタすんじゃねぇ。大袈裟な」 「だども、痛てぇもんは痛てぇべぇ」 「あ~あ、情けねぇ。お父が生きてたら、なんて言うべかね……」 「オンギャァ~オンギャァ~」 「おっ母ぁ、次郎が泣き出した」 「ほれほれ、泣くことねぇべ」 「おむつがぬれてんだよ、きっと。おらのカンだと」 「そうだべか……、どれ。あら、そうだわ。おめぇはこう言うとこだけカンが働くな。……ヨチヨチ、気持ち悪かっただか?いま、おしめ取り替えてやっからな」 「オンギャァ~オンギャ~」 「ほら、うどんが伸びちゃうよ。二人ともさっさと食べちまいな」 「母ちゃん、あんちゃんがイモとった」 「とってねぇべ、もらったんだべ」 「男のくせに屁理屈言ってんじゃねぇ。加代子をいじめるとおっ母が承知しねぇぞ。おめぇのいかリングを一つやれ」 「チェッ、しょうがねぇな。ほらよ」 「あんちゃんが、たべのこしたのくれた」 「太郎、ちゃんとしたのをやれ。ケチってんじゃないよ、男のくせに」  おらの母ちゃんは、なんかって言うと、“男のくせに”って言う。  おらぁ、そのたんびに男に生まれてきて損したなぁと思う。  妹みてぇに女に生まれてきてたら、おっ母に可愛がってもらえたのになぁと、いつも思ってた。  けど、おっ母はスゴい。  末っ子の次郎をおんぶすると、加代子を前に、おらを後ろに乗せて、自転車で学校まで送ってくれる。  大根を買うときも、八百屋のおじさんがいつも捨ててる大根の葉っぱももらってくる。  豆腐屋でもそうだ。  木綿豆腐を一丁買ったついでに、豆腐屋のおじさんがいつも捨ててるオカラももらってくる。  それらに、人参や油揚げを混ぜて、立派なおかずにする。  次郎が生まれてすぐにお父が仕事の事故で死んでからは、おっ母は電化製品を作る工場で流れ作業をしながら、女手一つでおらたち三人を育ててくれてる。 “男のくせに”と言われるたんびに、女に生まれてくりゃよかったと思うけど、男でなければできないこともある。 この頃は、そう思ってる。  おっ母と加代子と次郎を守ってやれるのは、長男のおらしかいない。  わが家の大黒柱になって、おっ母たちを幸せにしてやるんだ。 おわり

ブックマーク

この作品の評価

1pt

今はもう、「無いんじゃないか」の原風景な気がしてしまい、見たこともないくせに懐かしくほのぼのとした気持ちになってしまいました。 母ちゃんが肝っ玉すぎて、かっこいいですね。 そんな母を見て、反抗しながらも理解し、尊敬し、きちんと「男らしく」成長していこうとする主人公もまた、かっこいいと思います。

2019.11.01 14:22

皐月原 圭

0

Loading...