異聞平安怪奇譚 | 将門の過去 日輪の如くアヅマに輝く
豚ドン

ウラ

 |川曲《かわわ》村の合戦から一ヶ月も立たない頃。  |花城《はなしろ》は夜空の月を覆い隠すように雲が張り、ちらりと小ぶりの|雪華《せっか》が舞い始める。  住まう者たち全てに等しく、静かに、年の瀬を感じさせ始めていた。――その|静寂《せいじゃく》を破るように一騎の人馬が、けただましく|駒音《こまおと》を|掻《か》き鳴らしながら、|朱雀大路《すざくおおじ》を真っすぐに、|大内裏《だいだいり》の内にある|太政官庁《だじょうかんちょう》を目指して突き進む。  馬を駆る男……その懐には|坂東《ばんとう》からの告状が|携《たずさ》えられていた。  |太政官庁《だじょうかんちょう》に届けられた告状。誰もが告状に、頭を抱え、上に判断を仰ぐしかないと結論付ける代物であった。  告状の内容は単純明快であった。  昨今、坂東で|勃発《ぼっぱつ》している、戦さや動乱の首謀者を|糾弾《きゅうだん》する内容。  それだけであれば、太政官庁に|勤《つと》める下の者でも裁決を下すことができる。  しかし、|此度《こたび》は首謀者として名を挙げられていた人物が問題であった。――|平将門《たいらのまさかど》。  その名を皆が知っていた。  現左大臣である|藤原忠平《ふじわらのただひら》の家人を勤め、そして滝口の武士であった男。その仕事ぶりと才気は誰もが認めており、国へと帰ると知った時は……口には出さないが皆が惜しむほどであった。  その様な経緯を辿り、告状は左大臣である、藤原忠平の元へと辿り着く。――忠平は告状を文机に座りながら片手間に読み進める。  途中まで読み進めていた、忠平の眼が驚きと共に見開かれる。  |唸《うな》りながら髭を触り、思案に|耽《ふけ》る。その眉間の|皺《しわ》は|千尋《せんじん》の谷の如く深まる。 「小次郎よ。……こちらも動かざるをえないぞ」  忠平は深い溜息と共に、|強張《こわば》った体を解きほぐすように立ち上がり、東の窓辺へと歩く。 「しかし、悪意が透けて見える告状を鵜呑みにして、|沙汰《さた》を下すほど甘くはないぞ、|源護《みなもとのまもる》。……調査に向かわせねばな」  東の空を望む顔は、孫を心配するような顔であった。  寒空の下……男達の気合に掛け声と、木刀で打ち合う音を聞きながら、かこりかこりと独特な駒音を鳴らし、平将門の居へと向かう、背の低い馬と|平良兼《たいらのよしかね》。 「ふむ。……|良正《よしまさ》との|戦《いく》さに勝ってから、そこまで日が立っておらんが。……元気そうだな」  久方ぶりに娘と孫に会う事に心を|躍《おど》らせながらも、その表情は|外聞《がいぶん》を気にしてか、鉄面さながらに硬い。  門をくぐった、その瞬間。  左方より投げ飛ばされた人か物か定かではないが、良兼の目の前を転がり横切る。  危うくも良兼の乗る馬にぶつかり、大惨事になるところであった。  良兼は溜息をつきながら、飛んできた方向を見る。……抜き足差し足で逃げようとする、長い髪を一纏めにした|妙齢《みょうれい》の女。 「|良乃《よしの》! お前はまた男衆に混じって! しかも、毎度毎度、儂目掛けて矢を射ったり、刀を飛ばしてきたりしおって!」  馬上から怒声が響き渡る。|咎《とが》められた良乃は|仰天《ぎょうてん》した猫のように飛び上がり、|樫《かし》の木刀を振るっていた男達の腕が止まる。 「父上、お久しぶりです。いやはや、父上も毎度、間が悪いさね。|五月《さつき》と|春《はる》は今は将門と散歩に出てるのと、|鬼王丸《きおうまる》と|不動丸《ふどうまる》はお眠で――」  |良兼《よしかね》の方に向き直った|良乃《よしの》は話を|逸《そ》らすために、つらつらと娘や息子の話をしだす。  火に油を注ぐように、良兼の怒りは燃え上がっていく。 「黙らっしゃい! 今は孫の話ではなく――」 「あーー! おじいちゃん!」  背から掛かった声により、大喝しようとした言葉を飲み込み、目を白黒させながらも何とか良兼は振り向く。  そこには将門の両肩に座るように乗った、五月と春が居た。  先程まで|激昂《げっこう》していた、良兼の頬が緩み、自然と笑みをこぼしながら、馬を降り五月と春の元に歩み寄る。  将門から五月と春を手渡され、両手に花の状態で|御満悦《ごまんえつ》の表情となる良兼。 「おじいちゃんは、五月と春に会いたかったよー。今日は二人に御土産があるからね」  今まで誰も聞いたことのない、猫なで声をしながら、乗ってきた馬の元へと歩む良兼と喜ぶ孫二人。  将門は、その姿を見ながら微笑む。 「流石、将門。間の良い男さね。しかし、父上も、あんな顔が出来るとはねえ」  いつのまにか将門の横に立つ良乃も|微笑《ほほえ》みながら、三人の様子を見ていた。  ふと、良乃は木刀で打ち合う音が長いこと止まっている事に気がついた。 「あんたら! いつまでも休憩してないで、戦さ場で死なないようにする為に一本でも多く木刀振って、打ち合いな! |将頼《まさより》! あんたも、いつまでも寝転んでないで、ささっと向こうに戻りな!」  良乃の言葉を受けて、そそくさと訓練に戻る男達。  良兼の眼前へと投げ飛ばされていた、|将頼《まさより》は、あれこれと考えを口に出し、頭を|捻《ひね》りながら歩いて戻って行く。……川曲村での傷が完全には癒えておらず、体に巻かれた包帯には血が|滲《にじ》んでいた。 「将頼も、あの戦さ以降、あれこれ|模索《もさく》しているようだな。……今、止めるのは|野暮《やぼ》か」 「そうさね。刀のように打って鍛える時期。……いや案外、|伏龍《ふくりゅう》が|飛翔《ひしょう》する前かもしれないね」  将頼が一つの壁を乗り越えようとしている事を感じ取り、止めずに見守る事を決めた。 「父上ー! 母上ー! 見て! 見て! おじいちゃんから|唐菓子《からぐたもの》もらった!」  五月は嬉しそうな顔で、|漆塗《うるしぬ》りの箱を将門と良乃の前に持ってくる。  将門と良乃の二人が覗き込むと、漆塗りの箱には、これでもかという程に|巾着《きんちゃく》を象った茶色の菓子が入っていた。 「それは唐菓子の|団喜《だんき》や|清浄《せいじょう》|歓喜団《かんきだん》と言われるものでな。|歓喜天《かんぎてん》さんの大好物でとても、ありがたく美味しいものじゃぞ」  走ってきた五月とは対照的に、春は良兼に抱えられて、細かく砕かれた団喜を一欠片ずつ、ゆっくりと|咀嚼《そしゃく》している。 「美味しい。とても甘い」  にこにこと春も御満悦の様子である。  良兼は、ゆっくりと春を良乃の前に下ろし、頭を撫でる。 「おじいちゃんは、父上とお話があるからね。……さて、将門よ行くぞ」  緩んでいた顔を締め直して、将門も頷き、二人揃って屋敷の奥へと歩み進む。 「孫達は皆が|健《すこ》やかに育っているようで、何よりだ」 「ええ。それよりも、義父殿、高価な唐菓子をありがとうございます」  他愛の無い世間話をしながら歩む将門と良兼。  ふと、将門は屋敷の中に居た|将平《まさひら》と目が合う。察した|将平《まさひら》は屋敷の奥へと足早に入っていく。 「……|将頼《まさより》も|将平《まさひら》も、良い具合に成長しているよ。|公雅《きんまさ》や|公連《きんつら》も少しは、成長してくれれば良いのだが」 「心配しなくても、将器が磨かれて|一端《いっぱし》の将軍になれますよ。……義父殿のように」  二人は不敵な笑いをしながら、最奥の部屋へと入り、襖をゆっくりと閉める。  部屋の中央に二人は向き合う形で座る。 「しかし、裏の仕事は任せられん。……|血生臭《ちなまぐさ》い、呪い呪われの仕事は子や孫に背負わせずに、我らの代で終わらせねば」 「全くです」  重苦しい空気が漂い、|幾《いく》ばくかの沈黙が流れる。 「……ところで義父殿、良正からは援軍を求める書状は来ましたか?」 「来たぞ、一緒に将門の|乱悪《らんあく》を|鎮《しず》めましょう。とな。――危うく、書状を持ってきた使者を斬りかけたわい」  静かに二人が笑う。  一頻り笑った後に、二人は気を引き締め直す。 「ならば、次の段階に進みますな。……裏に潜む|化生《けしょう》を討つために」  良兼は、しっかりと頷く。 「将門、そこでだな。……あまり褒められた手では無いが、万全を期す為に一人の男を巻き込もうと思う」  良兼の言に将門の表情が曇りはじめる。 「いったい誰を巻き込もうと、考えておいでですか、義父殿」  真一文字に結んでいた、良兼の口がゆっくりと開く。 「下野国の――――|俵藤太《たわらのとうた》」

ブックマーク

この作品の評価

10pt

Loading...