第13話  山崎弥太郎

私は、五菱財閥の創設者、初代山崎弥太郎の4代目で、現五菱グループの代表だ。 敗戦後のGHQによる財閥解体で、3代目の父は全ての役職から離れ、山崎家は表舞台から消えることになった。 だが、それぞれの会社を継いだのは、戦前から山崎家に忠誠を尽くす者ばかりで、彼らは秘密裡に五菱評定と呼ばれる会議を毎月開催し、それは現在も続いている。 会議のメンバーは、忠誠心のある後進を育て、引退するときはその後進と交替するのだ。 会議の議長は、大番頭と呼ばれるグループの重鎮が務めるが、最終判断を行うのは父であり、父はお|上《かみ》と呼ばれていた。 会議の目的は、経済や政治と云った時世の分析と、グループ企業の結束の強化と繁栄であり、グループにとって重要な最終決断が実質的になされる。 しかし、最も重要な目的は山崎家の復権だった。 やがて、私が高校生になると、私も会議に出席するようになり、当代の一流の企業家たちから薫陶を受けることになった。 私も、初代の名前を付けてくれた父や番頭( 五菱評定のメンバー )たちの期待に応えるべく、わき目も振らずに何事にも真剣に取り組み努力をした。 大学卒業後は五菱重工に入り、着実に地歩を固め出世した。 もちろん、父や番頭たちの目立たないが、強力な後押しがあってこそだ。 父は、表舞台に立つことは無く鬼籍に入った。 私を献身的に支えてくれた妻も父と前後して亡くなった。 あれから20年が経った。 人並外れて健康な私は、父の遺志を継いで、会社と五菱グループの発展に貢献すべく寝食を忘れて、全身全霊で日夜仕事をした。 山崎という名は、五菱グループではカリスマ的権威があったのも大きかった。 最近になって私は、ようやく父の夢を実現できたようだ。 山崎家の復権は叶ったと言っても良いと思う。 息子の弥一郎は、私を凌ぐ企業人だ。何の心配もない。 男の孫が、小学3年生の龍馬だけなのが少し残念だが、こればかりは仕方がない。 ところが1ヶ月前、孫の龍馬が交通事故に遭った。 私は、息子の弥一郎と弥一郎の嫁の希美の3人で病院に急行した。 龍馬は無事だと医師から説明を受けたが、孫を助けようと飛び出した青年は、病院到着後から長い時間心肺停止しており、もはや無理だろうとのことだった。 蘇生したとしても、回復困難な重度の後遺障害が残り、植物状態になる可能性が高いとのことだった。 龍馬が無事だったのは、奇跡としか言いようがない。 龍馬は、念のため入院して経過を|診《み》ることになった。 子どもが無事だったと聞いてほっとしたのも束の間、孫を助けてくれた青年は重度の危篤状態だった。 彼は、まだ28才で天涯孤独らしいとのことだった。 救急車で搬送中は、まだ心臓が動いており、うわ言で「 こどもは? こどもは? 」と言っていたと聞いて、嫁の希美は泣き崩れた。 私も息子も申し訳ない気持ちでいたたまれなかった。 だが、彼の心臓はまた動き出したのだ。 私は、病院に無理を言って、青年を最も豪華な特別室に移してもらった。 もし、植物状態になっても彼の面倒を一生|看《み》る覚悟だった。

ブックマーク

この作品の評価

18pt

Loading...