第10話  同胞の回想~再会(同一の例外~拓馬の母親)

〔同一の例外~拓馬の母親〕 宇宙生命体が人間に同一すると、その人間と完全に同化し、その人間に生まれ変わる。 覚醒すること無く、その人間として生きて死んでいく。 だが、拓馬の母親となった宇宙生命体夫婦αの娘は、交通事故に遭った時、覚醒する。 ________________________________________________ 十億年以上生きているのに、たった三千年が、こんなに長いとは思わなかった。 拓馬は生きているのか、死んでいるのかも分からなかった。 私の呼びかけに全く反応が無いし、拓馬からの呼びかけも感知できなかった。 私たちの能力が、ますます劣化したのは間違いなかった。 そして、地球に来て何人目か分からない人間と合一するときが来た。 私は、病院の産婦人科で産婦さんたちを見ていた。 精神生命体と言える私は、誰にも見えないし、どんな精密機器でも感知することはできない。 私は、ある産婦が気になり、彼女の中の胎児に注意を集中したところ、胎児の未来がほんの少しだけ見えた。 成長した胎児の姿は、私が三千年前に日本で最初に合一した女性の娘に瓜二つだった。 その娘は、とても美しく賢くて優しかった。 私は、合一ではなく同一することにした。 この地球で、人間として生きて死ぬことを決めた。 私は、28才になった。 夫の亮二さんと、息子の拓馬5才との三人暮らしは、毎日が幸せだ。 今日は、親子三人で海水浴だ。 拓馬は初めての海 膝の上で寝ている拓馬が、どんな顔をするか楽しみだわ。 海沿いのカーブを回った時、中央車線を越えて来た大型の対向車が、目の前にあった。 ( だめぇ‼ たくまぁ !!! ) その時、私は覚醒して全てを思い出した。 ( えっ ?? たくま ?? あなた ?? あなたなの ??!! ) 時間と空間が止まっていた。 私の得意な能力だった。 私は、拓馬の中にあの人( βの息子 )の光を見た。 あの人も拓馬と同一していたのだ。 同一したら覚醒することは無く、人間と一緒に死ぬのに私は覚醒した。 私が、αの娘だったから? 私が母親となって、拓馬を産んだから? 拓馬が、βの息子だったから? 今でも分からない。 私は、三人が助かるように力を振り絞ったけれど、できなかった。 三人一度に転移しようとしたけど、できなかった。 一人ずつの転移もできなかった。 でも、拓馬だけは助けなくてはと思い、日本に来る前、互いに合一して力を取り戻したことを思い出し、とても危険だとは思ったけれど、拓馬と合一するため、拓馬の中に思い切って入った。 一人の人間の中に、私たちの同胞が二人で合一しようとすると、その人間は合一時の負担に耐え切れなくて、例外なく死んでしまった。 だから、一人の人間の中に二人以上の合一や同一は禁止されていた。 同一は、合一よりも人間の負担が大きいので尚更だった。 拓馬は無事だった。 すでにβの息子との同一を経験した拓馬の体が、私たち宇宙生命体に馴染んでいたのか? βの息子が拓馬の体を守ったのか? よく分からない。 私は、拓馬を一瞬で安全な場所に転移させた。 その直後、車同士が激突し、私たちを乗せた車は、崖の上から海に落ちて行った。 夫の亮二さんと人間としての私は、即死だった。 私は、再び微睡|《まどろみ》と云う眠りに入った。

ブックマーク

この作品の評価

18pt

Loading...