第9話  同胞の回想~地球(同一)

〔 |同一《どういつ》 〕とは 宇宙生命体が、他の生命体(例えば人間)と完全に同化すること。 宇宙生命体としての記憶も能力も無くなり、その生命体として生きていく。 その生命体に死期や危険が迫っても合一とは異なり、覚醒せずに死んでいく。 つまり、宇宙生命体から他の生命体に生まれ変わることでもある。 ただ、人間と違って、宇宙生命体は生まれ変わる相手の生命体を選ぶことが出来る。 なお、この話から〔 βの息子 〕を〔 拓馬 〕と呼びます。 ________________________________________________ 私たちは、5万年前とうとう地球へたどり着いた。 ノアを出発して十億年が経っていた。 私たちがたどり着いたのはヨーロッパだった。 約束の地には遠かったけれど、私たちは歓喜した。 地球は、水も空気も生き物も昔のノアと同じだった。 私たちは、いつまでも泣いた。 そして、旅の途中で死んでいった同胞を思いながらまた泣いた。 地球にたどり着いた同胞は、五十万人を切っていた。 ノアを出発した時の百分の一以下になっていた。 私たちも長い宇宙の旅で変化していた。 私たちは子孫を残すことができなくなっていた。 それに、地球人と合一しないと生きていけなくなっていた。 でも、それには何の抵抗も無かった。 だって、地球人は私たちと瓜二つだったから・・・ 私たちが、最初に降臨したのは今のスペインだった。 私たちは、人間に合一するために主に地中海を中心としてアフリカ北部、ヨーロッパ南部、中近東に散って行った。 約束の地へ向かいたかったが、合一している人間を繰ることはできない。 ただ、人間の中でまどろんでいるだけなのだ。 それに同胞たちから離れたくなかった。 私たちは地中海を中心とした範囲で人間との合一を繰り返した。 中には、合一した人間がこの地域から離れようとするとき、離脱できずに人間と一緒に行ってしまう同胞もいた。 すると、私たちはその同胞を感知できなくなった。 当然、思念による意思の疎通もできなかった。 合一したまま離脱できずに死んでしまう同胞も多かった。 地球に着いてから、私たちの能力は予想以上に劣化が進んでいた。 地球人は、それまでの他の星の生命体とは全く異なっていた。 まるで話に聞いていたご先祖が肉体を持っていたころの生態ととてもよく似ていた。 私たちはあっという間に地球人に馴染んでいった。 私たちは、他の星に移動する必要がないので一人の人間に長く合一するようになった。 年月が経過するほど人間に深く馴染むだけでなく、いつの間にか彼我の境まで曖昧に感じるようにさえなっていた。 最初から人間以外の動物などに合一する気はまったくなかったし、一人の人間に長く合一していると人間の生死が私たちの生死のようにさえ感じるようになっていった。 そのため、長く合一している人間に同一してしまう同胞が出てきた。 人間に同一すると私たちの意識はなくなる。 超能力と言える私たちの能力もなくなる。 つまり、宇宙生命体としての記憶も力もなくなり、人間として生きていくことになるのだ。 それでも、同胞は次々と人間に同一していった。 地球人に馴染んだからという理由だけではない。 合一している時間の方が、覚醒している時間より圧倒的に長くなってしまったのだ。 それに比例するように私たちの能力はさらに劣化していった。 地球に着いたころから、五十万の同胞が皆互いを感知し、思念で意思の疎通ができるのは、地中海を中心とした範囲に限られていたが、4万年ほど経つとそれさえできる同胞の数は急激に減っていった。 同胞の数が減少したのではなく、いくつものグループに分かれていったのだ。 互いに感知して意思疎通ができる同胞は、同じグループに属している者に限られるようになっていった。 同胞のグループは合一している人間の集団と重なっていた。 大勢の人間の集団と集団が接近したときは、以前のように同胞同士が感知し意思疎通もできるのだが、複数の人間の集団が接近するときは、戦いになるときがほとんどだった。 私たちは同胞同士で戦うことは全くなかった。 このような戦いばかりの状況に大勢の同胞が失望した。 このまま、永遠ともいえる時間を人間の戦いを見ながら宇宙生命体として生きていく意味を見出せない同胞も増えていった。 それでも、もはや地球で生きていくしかないのだ。 この苦しみから逃れるためには皮肉なことだが、人間に同一して記憶を失くすしかないのだ。 こうして多くの同胞が人間になることを選択していった。 十億年をかけて命がけでたどり着いた地球は、楽園ではなく人間の戦場だった。 ほとんどの同胞は、宇宙生命体として生きていくことに疲れたのだ。 子孫が出来なくなっていたことも大きかった。 同胞が同一した人間は、宇宙生命体としての記憶や能力は持たなかったが、人間としては皆非常に優れた資質を持っていた。 その資質は、同一した人間の子孫にも継承されることが多かった。 そして彼らはその優秀さで人間のテリトリーの長となり、次第に力を付け国を興すまでになっていった。 これを見ていた同胞たちも次々と人間に同一していった。 自分たちの手で新しい国を作り、争いの無い、人々が手を取り合って生きていく世界を作りたいという理想を持っていたのだ。 だが、皮肉なことに彼らの平和主義や理想は、人間の子孫たちには資質として不完全にしか継承されなかった。 それでも、同胞は次々と人間に同一していった。 とうとう最後に残ったのは、私と拓馬の二人だけになる日が来た。 地球にたどり着いて4万7千年が経っていた。 その間、私と拓馬はヨーロッパや中近東を中心に合一を繰り返していたが、人間と同一した同胞たちはこの地域から離れていく者も多かった。 しかし、その後彼らがどうなったかはもう分からなかった。 私たちは、好き好んでヨーロッパや中近東に留まっていたのではない。 拓馬と私が合一していたのは、それぞれ別のグループだったけれど、なぜか私たちだけは、どんなに離れていても互いに感知し、思念による意思の疎通ができていたのだ。 だから、片方を置き去りにしてこの地域から離れることができなかった。 私が当時属していた同胞のグループは、カド族と呼ばれていた部族の人間たちに合一していた。 そのころのカド族は、中近東にあって大きな勢力と繁栄を誇っていたイスラエル王国を支える10部族の中で最も大きい部族だった。 彼らが仕えるイスラエル王国の王は二代目の王ダビデだったが、彼は私たちの同胞が同一した人間だった。 私はある日、グループのリーダーからの呼びかけでまどろみから目を覚ました。 リーダーによると我々のグループは、すでにリーダーと私を除く全員がカド族の人間と同一してしまったということだった。 リーダーは、カド族の長に合一していたので、 「 自分も長に同一しないと部族を率いていくのはむずかしいだろう。だから自分はカド族の長に同一しようと思うが、お前はこれからどうする?」 というものだったけれど、私は宇宙生命体として残ると答え、リーダーに別れを告げた。 リーダーは私との別れを惜しんだ後、カド族の長に同一をした。 リーダーは、カド族の長の呼称である〔 ミカド 〕となった。 私はそれを見届けて、改めて地中海を囲むこの地域の同胞を感知しようと試みた。 同胞がグループ別に分かれて、他のグループの同胞とは互いに感知できなくなっていたけど、私と拓馬だけは他のグループの同胞でも感知することができていた。 感知出来た同胞は、拓馬だけだった。 地中海を囲むこの地域で純然たる宇宙生命体としての同胞は、私と拓馬の二人だけになった。 私たちは思念で相談し、合流して約束の地を目指すことにした。 約束の地は、同胞全員が最後まで目指すことを忘れることができなかった地だ。 せめて私たちだけでも、この最後の目的を叶えようと誓った。 私たちは、最後の力を振り絞って合流した。 人間の体を離れての行動だったから必死だった。 約束の地を目指すためには、少なくとも地球に着いたころの力が必要だ。 私たちは、思い切って互いに合一することにした。 結果は何とか成功した。 私たちは光の玉となって、かろうじて意識を保ちながら力を合わせて東を目指した。 そして、たどり着いたのが日本列島 日本が約束の地だったのだ。 三千年前のことだった。 でも、エネルギーを使い果たしていた私たちは、すぐに人間と合一しなければならなかった。 私たちは、未来予知能力を使い、将来、夫婦になる二人の子どもを見つけてそれぞれに合一した。 私たちが合一した子どもたちは、成長し大人になって恋愛をして結婚した。 子どもを産んで育て、お互いに年を取ってやがて死んでいく。 あんなに長く合一したのは初めてだった。 感動した。 私が合一した女の子は、お婆さんになって死期が近づいていた。 私は、お婆さんの中にぎりぎりまで留まって名残りを惜しんだ。 お婆さんから離脱した私は、拓馬に呼びかけたけれど、お爺さんの中でまどろむ拓馬は覚醒しなかった。 私の呼びかけの力も、拓馬の感知の力も弱っていた。 私は仕方なく、他の人間に合一することにした。 あれから三千年近く、人間と合一しながら拓馬を探し続けたけれど見つけることができなかった。 私たちは、互いの感知能力だけでなく、未来の予知能力も劣化していた。

ブックマーク

この作品の評価

18pt

Loading...