第7話  同胞の回想~ノアを去る日

私は、五千万の同胞たちとノアの大気圏を離れて、宇宙空間から故郷のノアを眺めていた。 やがて、ノアの昔を復元した姿は崩れていき、まるで月のような姿になった。 ノアの荒廃した本当の姿だった。 私は、αの隣にいた。 αは私の両親 私は、αの最後の子ども( 娘 )だった。 αの資質を最も色濃く受け継いでいると言われていた。 近くにはβと、同じくその資質を最も色濃く受け継いだβの最後の子ども( 息子 )である後の拓馬が並んでいた。 ノアが月のようになって、αとβは最期の時を迎えた。 どんな命にも終わりはある。 五千万の同胞は皆悲しんだ。 それから、私たちは一団となって三十億光年の彼方にある約束の星へ向かった。 太古の昔から伝えられている約束の星、地球へそして約束の地を目指して。

ブックマーク

この作品の評価

18pt

Loading...