第4話  同胞

梅雨になった。 その日は、朝からしとしとと雨が降っていた。 だが、午後から急に雨が強くなり、土砂降りとなった。 俺は、営業で得意先廻りのため都内にいた。 次の交差点を渡り、裏道を抜ければ今日廻る予定の一つである得意先の建物がある。 傘は持っていたが、かなり濡れてしまった。 交差点に着いたので急いで渡ろうとしたが、直前に信号が赤になり立ち止まった。 信号が赤になる前、傘を持った小学2、3年生ぐらいの男の子が、急ぎ足で横断歩道をこちらに向かって来ていた。 ところが、その子がまだ交差点を渡り切らないうちに信号が赤になった。 土砂降りのため、辺りが暗くなったようだった。 視界が悪くなり、雨音もさらにひどくなった。 俺は、( 危ない・・早く来い )と思いながら見ていたが、その子は急に立ち止まり、顔を上げて交差点の中を凝視した。 その子の目の前にトラックが迫っていた。 一瞬だった。 俺とその子は、3mほど離れていた。 俺は飛び出し、その子を守るように抱いた。 ドーンという音が耳に大きく響いた。 俺とその子はトラックに撥ねられた。 ( 馬鹿だなあ、俺は・・間に合う訳がないのに飛び出して・・でも、この子だけは何とかして助かってほしいなあ・・・いや! いやいや、おかしいだろ、こんなに長く考えられるはずが無いだろう??? ) ( そうですね、やっと私に気付いてくれますかね・・・ ) 俺は子どもを抱き、宙に浮いたままその女性を見ていた。 ( あなたは? ) 俺は頭の中で呼びかけた。何故かそれで十分通じると分かっていた。 ( 同胞です ) ( ??? ) ( 今からあなたと合一します。それで全て分かります・・ ) 女性は光の玉になり俺の中に|入《はい》った。 不思議と何の不安も無かった。 俺は意識を失った。

ブックマーク

この作品の評価

18pt

Loading...