第2話  同窓会

今年も高校の同窓会の通知が来たが、欠席と書いて返信した。 昨年の同窓会では、医師の樺島と五菱自動車に勤めている秋元から散々馬鹿にされた。 樺島は、父親の病院で医師として働いている。 その病院は父親が開院し、近隣でも大病院と言われるほどに規模を拡大していた。 樺島はその跡取りだ。 秋元が勤めている五菱自動車は、日本の最大企業グループである五菱グループの主要企業の一つだ。 「おい、山科、お前、俺の病院には全く挨拶に来ないじゃないか。薬仕入れてやらないぞ。ああ」 「おい、お前、毎年同じスーツだな。それじゃあ俺の会社の車なんか永遠に乗れないだろうな。アハハハ」 酒が入るといつもこの調子だ。俺は苦笑しながらスルーするのが常だ。 そして、こんな時は誰かが、 「 おい、やめろ。失礼だろう。山科、こんな奴ら気にするな。さあ飲もう。」 と、言ってくれたのだが、去年は誰も言ってくれなかった。 出席していたのは羽振りのいい奴ばかりで、俺たちの話は聞こえないふりをして、ゴルフのスコアやキャバクラの話に興じていた。 ( 変わるのは女だけじゃないな・・・) 俺はアパートに帰り、エアコンのスイッチを入れる。 蒸し暑い夜だったが、部屋が狭いから直ぐに涼しくなった。 一張羅のスーツにブラシをかけ、シャワーにかかり石鹸で体を洗い、パジャマに着替えてベッドに横たわる。 ( 風呂もエアコンもあって良かった・・来年はもう行くのはよそう・・・) 朝起きて、俺一人だけの静かな部屋を見回した。 徐々に目が醒めていきながらぼんやりと、友達がいなくなったなと寂しい気持ちになった。 朝起きて仕事に行き、夜帰って眠る毎日が今日もまた始まった。

ブックマーク

この作品の評価

18pt

Loading...