003話 -脱稿-

 『北日本文学賞/第54回』の応募原稿がようやく完成した。  草稿段階で45枚を数えた時には「どうなることか」と思ったが、頑張ってみれば何とかなるものである。今回は、キッカリ30枚目の最後の一行まで使いきった力作だ。  タイトルは「坂の上の追憶」。おおー、いかにも純文って感じがして面映い。  このサイトに掲載出来るのは、落選が決まった(^^;)12月になる予定。  昨年は三次選考で落選だったので、今回の目標は三次選考突破である。  正直、自信はないッ!(`・ω・´)キリッ

ブックマーク

この作品の評価

0pt

Loading...