第五話 撫子(1)

小春と才四郎の後日談その2になります。 −−−−− 「一晩だけ。一夜の思い出に良いではないですか」 「良い訳がございません。私は来月彼の。才四郎の妻となる身です。別の男性と寝るなど、不貞節な真似をできるわけがございません」 「貞操など、実際無きに等しいのが、世の常。男女の仲では無いですか」 「そのような世の常は聞き及んだことがございません。酒席でのお戯れと忘れるように致しますので、どうぞお引き取りください」 先程から押し問答を繰り返しているのだが、目前の宿屋のご主人は、僅かにも引く気配を見せない。なぜこのようなことになってしまったのだろう。 「小春は桜の花のようなものだ。野山に咲く桜の木があれば、寄って、暫し見ていたくなるだろう」などと、才四郎に、つい先日諭されたことが、ふと思い起こされる……。 気候もだいぶ涼しくなり、日差しも和らいできた昨今。人通りの少ない場所では、包帯を取って道を行くことが多くなった。久方ぶりに、涼しい秋の風を頬に感じ、清々しい気持ちでいたいのだが……。すれ違う人に、声をかけられ戸惑うことが増えた。気持ちの良い挨拶などであれば、願ったり叶ったりだが、なぜか殿方から。しかも、物珍しそうに、あまり好きでない笑みを浮かべながら、近寄られるのである。  才四郎が傍にいてくれるので、「何か?」とすまして応対してくれる。すると、すごすごといった様子で散っていく。恐らく私の目の色が物珍しいのだと思うが。見世物にされているようで、いい気はしない。段々そのようなことが面倒になり、再び顔に包帯を巻くことにした。  するとその様子を見た才四郎が、どうしたのだ? と訪ねてきたのだ。 「色々気兼ねすることが多くなり、この姿の方が楽ですので」  私が答えると、才四郎が、そうか。まあ俺はその方がいいんだが、などと返してくる。 「私の目の色が珍しいのでしょうか……それにしても包帯をしている時は、そのようなことはないのに……」  そう呟くと、才四郎は障子窓に、膝を立て、行儀悪く座りながら、 「目の色は確かに珍しいが。それだけでも無いんだがな。小春は桜の花のようなもんだからな」  と言った。そして先のように続けた。  自身は分からないのだが、彼が言うに私は、傍によると、桜の香りがするらしい。おそらく小さい頃より、母が焚いていた桜の香が、持ち歩いている小物や着物などに染み付いているからだろう。それも関係しているのかもしれない。  桜と言えば、母の名前でもあり、格別思い入れのある花である。彼にそう例えてもらうのは素直に嬉しい。普段見ぬもの、心動かされるものがあれば、傍に行き、声を掛けて見たくなる。それは人情だからしようがない。気にしなければいいと彼は続けた。 「花見に来た連中が、木の下で、いざこざを起こしたとして、それが桜の花のせいなどと言うような無粋な輩はいないだろう。だからお前が気に病むことは何一つないと言うことだ」  その時は、そういうものか、と、なんとなく得心したつもりでいたのだけれど。  しかし……このような彼の留守中。いや、まるで計って彼をこの場から外したような状況下で、殿方に言い寄られるなど。こうも骨の折れることばかり起きるのであれば、思い入れのある花とはいえ、自分の中の、彼の言う所の、桜に当たる部分を、恨み、切り倒し、排除したくもなる。これもまた人情ではないのか。  一通り思いを巡らし、ため息をついた刹那。隙あらば今、といったご様子で、ご主人の手が私の懐めがけて伸ばされた。 ーー才四郎の知り合いとはいえ、こうなってしまってはしようがない。  私は腹を決めてその腕を、優しく受け止めるふりをして……掴むと同時に、力一杯自らの方へ引き寄せた。  事の始まりは、昨日の昼間。  とある民宿の軒先で、私がある花に夢中になり、不用意な態度を取ってしまったことに端を発している。自業自得ではあるのだけれど……。  一昨日の午後であった。  秋の日暮れはつるべ落しとは、よくいったもので、近頃は夕暮れがとみに早くなってきている。そして秋の美しい夕空を身に移したかのように、民家の軒先の柿が、美しく染まり出した。その日も、叔父上の住まう美濃の寺に向かっていた私たちは、大きな宿場のある町に向かっていた。  たまたま峠道を行き、高い切り立った崖の上から、下に伸びる街道を二人で見下ろした時だった。赤く染まりかけた木々の葉の色をぼんやりと見ていた私に、才四郎が傍の岩影に身を隠すよう、早口に促した。身を隠しつつ見遣ると、かなり遠くではあるが、眼下の曲がりくねった道を、足早に進む人の群れが見てとれる。それは旅人などとは違い、せわしなく足を動かし、めいめい、長い得物を担ぎ、ただならぬ雰囲気を醸している。少しでも目が合えば襲いかかられそうな、張りつめた空気。闘争心をたぎらせ、隙のない挙動。見ていて、胸がつまり、不安を掻き立てられる一団……。 「どこかで戦でもあるようだな。あれは戦場に向かう兵のようだ」  才四郎が、そういって目を細める。士気も高いようだな、どこの兵なのか……、などと呟き、旗印をここから確認しようとしている。 「戦場に向かう兵とは……あのようなものなのですね」 「ああ。小春は初めてみたか。みな殺気立ってるだろう。まあ、これから生きるか死ぬかってのに、気が抜けてるようならまずいが」  そう続けると、彼は、ああ何処どこの兵か……と思い当たるところがあったように頷いた。私はそんな彼を黙って見上げる。  こう旅をしていると、時に失念してしまうが。彼は戦場に身を置く人であることに、改めて気付かされる。今はこのように共に居てくれる。忍隊を抜けたので、祝言を挙げるまでは、一緒かもしれない。しかしその後は……。    彼はあの浜辺で、「忍の力を寄与したい」と言っていた。それはつまり、またあの戦場へ戻ることを意味する。叔父上の寺にずっと住まうわけにもいかない。そうであれば、生きていくために仕事をしていかねばならない。勿論私も何でも出来ることをしていくつもりでいるけれど。  彼の忍としての能力は、素人の私が見ても高いように思われる。同期であった源内様も、彼は優秀と言っていた。叔父上も別の大名の忍隊を紹介してやると言っていたことだし、そこに勤めるつもりなのかも知れない。再びそのような場所へ身を投じるつもりでいるのだろう。  才四郎は、これから先もずっと傍にいると言ってくれる。しかし……数ヶ月前の戦場の様子を思い起こし、私は震えた。  あのような猛者達が命のやり取りをする場で、もしものことがないともいいきれない……彼の帰りを待つ私は、一体どのような心持ちでいれば良いのだろう。彼の無事な姿を見るまでは、落ち着かず、気もそぞろ、心配で心配でどうしようもないに違いない。いくら信じてくれ、と言われようとも。穏やかな気持ちで待つことなど出来るのであろうか。  彼が捕らえられた時のことが頭をよぎる。ああ。思い出したくもない! 私は知らぬ間に彼の袖を掴んでいた。  ……戦になど、もう行かないでほしい。 「どうした小春。大丈夫だ。だいぶ距離もあるしな」  そのような私の気持ちを彼は知るはずもない。兵の一団に怯えたと思ったらしい。大きな手を私の頭に添えて。ぽんぽんと軽く二度ほど度叩いた。 「この先の宿場町の辺りで、兵を休ませるつもりかもな。まあ確かに。あんな猛った状態の連中の前に、小春の姿をさらすのもなあ。いざこざが起こると面倒だ。宿場へは行かず、手前の民宿みたいなところで、今日は休むとするか」  このことについては、後日ゆっくり才四郎と話さないといけない。いけないが予想通り、「戦が終わるまでは忍として生きる」という回答が返ってくるのが怖くて。私はまだ話し合いを先送りにしている。  もう少し、もう少し、このまま彼と静かで、温かい時間を過ごしていたい。私はまた心に上がってきた不安の塊を押し込んで、彼を見上げて、頷いた。  農家の使われていない一室を、旅人向けに宿として解放している家屋が、街道添いにはちらほらある。そう言った場所は、大抵ご年配のご夫婦が営まれており、独り立ちされた、息子さんや、娘さんなどが使われていた空き部屋を宿として提供してくださる。宿屋とはまた違った雰囲気で、生活の香りがあって、まるで昔住んでいた実家に返ったようで……私はそのような所に泊まることを、内心楽しみにしていた。  大きな宿場があるという、先ほどの道をゆっくりと行き、峠を抜けた所。田園風景が広がる手前の道の端、竹林を背に、茅葺き屋根の、静かに佇む民家があった。軒先に「宿ありマス」と木札がかかっている。家の隣には柿の木が植えられている。 私は思わずその木の下で、足を止めてしまった。  雨栗日柿とは真のことであるようだ。今年は、梅雨が少々長かったものの、夏は晴れの日が多かった。そのため、あちこちの柿の木に、たわわに赤い実が鳴っているのを見かける。ここも例に漏れずである。しかし私が足を止めたのは、柿の実に惹かれたからではない。その下で、咲き乱れる撫子の花があまりに美しく、心を奪われたからである。  萩の花、尾花、葛花、なでしこの花、をみなへし、また藤袴、朝顔の花  という、有名な山上憶良の歌がある。撫子と言えば、秋の七草に数えられる、古くから親しまれている花である。大和撫子などとも言われるが、奥ゆかしい女性の代名詞ともされる。名前を見たら一目瞭然だが、撫でたくなるような、愛らしい子供や女性のような花、という由来があるそうだ。  秋が深まり、足元の緑が色あせてくる中、細い茎をいっぱいに伸ばして、薄い桃色、まさに撫子色の花をたくさん咲かせている。花びらの先が細く割れているせいか、花の周りがうっすら桃色に霞がかっているように見える様が、細い体をした子供が、可愛らしく微笑んでいるようで、こちらの口元も思わず綻んでしまう。 「おやおや。花より団子と言わんばかり。柿に目のいくお客様が多いのに」  ふと顔を上げると、いつのまにか民家の入り口で、少々腰の曲がったお婆様が立っておられた。にこにこと朗らかに声を掛けて下さる。 「とても綺麗に、たくさん咲いているので、つい足を止めてしまいました」  私がそういうと、お婆様は何度も頷き、腰に手を当てながらこちらへ歩んでこられた。 「遠くへ嫁いだ娘と孫になかなか会えなくてね。その代わりにこうやって、手をかけて育てているのですよ」 ーー我が宿の、なでしこの花、盛りなり、手折たをりて一目、見せむ子もがも  自生しているものであれば、これほどまで美しい花をつけるはずもない。このお婆様が手をかけられているのであろう。私は思わず、その場にしゃがみ、ふと思い出した歌を呟いてしまった。お婆様は、目を大きく見開かれて、ええ、ええ。そうなのですよ。こどもと言ったらこのお花よね。と、呟かれる。 「ばあさん、一晩宿を取りたいんだが」  才四郎が尋ねる。お婆様は、こくりと嬉しそうに頷かれた。 「ええ。空いていますよ。撫子が好きなお客様が泊まってくれるなんて、嬉しいねえ」  炭焼きで出かけてる爺さんも、帰ってきたら喜びますよ、と続けられる。私は才四郎を見上げると、彼は頷いた。 「小春も気に入ったようだし、宿場からも遠いしな。今日はここに泊まるか」 「はい」  私が立ち上がろうとすると、お婆様から、 「よかったらお部屋に飾るのに、何本か手折られたらどうでしょう」  と、お申し出をいただく。大事なお花であるので、とても迷ったが、是非にとおっしゃられる。それではと、お気持ちに感謝し、三本ばかし手折らせてもらうことにした。後程いつかの、かきつばたと共に、押し花にしようと、迷いながらも手折る。  ついつい花に見入っていた私に、先に宿屋の入り口に向かった才四郎が、ほら、宿屋に入るぞ、と促したちょうどその時であったのだ。 「もし」  突然背後から声がした。  その日、私はたまたま包帯を巻いていなかった。日は出ていたが暑くはなく、久方ぶりに秋風を肌で感じたい、と思っていたからなのだが、それが裏目に出た。 「はい」  私は思わず、物珍しい目も編み傘で隠すこともせず、無防備にそのまま振り向いてしまった。一台の籠が止まっている。そしてそこから、非常に驚かれた様子のお顔が覗いていた。  どなたであったかしら……。  それはいつぞやの……。才四郎の旧知の仲でおられる、宿屋のご主人の顔であることに、彼の驚きの声で、初めて思い出すことになるのである。

ブックマーク

この作品の評価

0pt

Loading...