そして、係員は0の数字を叫んだ

ベルトが公の場に姿を現した。  観客席からは大量のブーイングが発せられた。 「……これは嫌われたものね」とマリア。 ベルトは肩をすくめて返す。 「仕方がないさ。今日は手を抜くと公言したのだからな」  第五迷宮を駆け抜けるという儀式。 オリガスの発展と闘技者たちの安全を祈願するためのもの。 …… もちろん、表向きの話だ。 実際は、この神聖な儀式ですら公共ギャンブルの1つにされている。 ダンジョンを駆け抜ける両者、その2名のどちらが先に最深部にたどり着くのか? それはもちろんの事、勝者のタイム。罠に遭遇した数、あるいは回避した数…… 様々な要因がギャンブルとして容認されている。    それを事前に―――― 「儀式については、翌日のレオン戦を重視していますので、疲れを残さないよう、怪我をしないように最善を尽くします」 発表してしまったから、賭けにならなくなってしまった。 もっとも、ベルトの発言をブラフと解釈した者もいれば、大穴狙いの者 もいる。 小さい規模の賭け事として成立した賭場もあるそうだが…… では、どうして ベルト は、このような声明を発表したのか?    本当にレオン戦を重視したわけではない。    第五迷宮探索に時間をかけるためだ。  人工娯楽都市オリガスに来て1ヶ月以上……その僅かな期間で闘技者の頂点を競う立場に登り詰 めたのは 異常とも言えるが、本来の目的である第五迷宮探索は、まったく行われていない。 闘技者として勝ち抜けば第五迷宮の探索を許可するとオリガスの権力者であるレオンから言質は取っていたのだが…… 「あぁ、あれから考えたのだが…… まぁ、なんだ。他の連中が難しい顔してくるだよ。とりあえず、俺に勝ってからにしろよ」 と軽い口調でレオンから誤魔化された。   ここで、ベルトたちはレオンへの疑惑が出てきた。 「アイツ、権力者なのは事実らしいけど、実権を握ってないのでは?」   そんなこんなで、今日 だ。     確実に第五迷宮に足を踏み入れる機会に徹底的な調査を行う計画になった。 ベルトは係員に促 され、ダンジョンの入り口へ向う。 (猛っているな)    自身の変化に気づく。  昨日、今日とレオンと会っていない。会えば、その場で襲いかねないからだ。   一度、味わわされた敗北。その恐怖以上に溢れ出てくるのは歓喜。  どこまで自分は強くなっているのか? どこまでレオンは強くなっているのか?  あるいは、その逆…… 弱くなっていても構わない。    それでも、弱くなっていたとしても、強者である事を止められない。  そんな2人が人気(ひとけ)のないダンジョンで出会う。  そこで、おっぱじめろって言ってるのかい?  係員が開始のカウントダウンを始 めた。    背後では「 ご、武運を」とメイルの声が聞こえてきた。  ベルトは 腕を上げて答える。

ブックマーク

この作品の評価

2pt

Loading...