ケプラー22b | 第11章 ダンジョンは廃墟にあり
印朱 凜

ビビリア

 我々は隠し部屋から脱出すると、ヒコヤンが残した地下迷宮地図に従って、カルキノスが通れないほどの細い道を選んで進んだ。 「こういう時、松明の方が役に立つ。風が流れて行く方向に炎がたなびくんだ」  カクさんは先導していたが、ライトなしの暗闇でも臭いを嗅いでどんどん進んでいける。さすがオオカミだな……地下水のせいで臭いがボヤけているらしいが。 「ぐえ。いやな臭いがしてきたぜ。カルキノスの糞の匂いかな?」  地下は入り組んでいたが、カクさんと地図のおかげで迷いなく結構進めた。別の出口に向かうには、地底湖を経由しないといけないらしい。  20分ほど行くと……最終的には這って進んでいかないとダメなぐらい狭くなってきた。  先頭はカクさん、真ん中にブリュッケちゃん、最後はリュックの荷物が倍以上に膨れた僕。ショットガンも気を付けないと壁に引っかかる。 「ぷう?……誰だ、オナラしたのは。カクさん、止めてくれよ!」 「ごめん、ボクだよ」 「ブリュッケちゃん!? それはそうと、もうすぐ地底湖のはずだが……」  最後は垂直降下に近くなった。カクさんが器用に飛び降り、次に僕。下でブリュッケちゃんを待っていたが、彼女は足を滑らせて落ちてきた。 「ぐは! ぐへ!」  我々はブリュッケちゃんの下敷きになった。彼女が軽くてよかったが、背負っている銃の精度が狂っちゃうぞ。  やけに広い場所に到達した……しんと静まり返り、水の流れるような音だけが響いている。  松明をかざすと、目の前に信じられないほど大きな地底湖が広がっていた。 「うわ~……地下にこんな所があったなんて!」  僕の声が洞窟内に反響する。  ライトで照らすと、恐ろしく澄んだブルーの水がたたえられており、深さ10mぐらいはありそうな湖底が透けて見えている。何だろうか、底にはビー玉みたいな丸い物が大量に沈んでいた。 「とっても綺麗……」 「でもブリュッケちゃん、ブルーの色が綺麗すぎて逆に不気味じゃないか?」 「いやいやオカダ君、これが見れただけでも来てよかったと思うぜ」 「写真に撮って皆に見せてあげようよ、ねえ」 「そうだな……って……オイ! 底のビー玉が何だか動いてる」 「あ~……オイラが思うにあれは……」 「ボクは、ケプラーシオマネキの卵だと思う」 「うわ~~!!」 「騒ぐなよ、オカダ君……うわー!!」  一番奥の底が見えない最深部から、正体不明の真っ白な物体Xが、ゆっくりと浮かび上がってきた。鏡餅の化け物なのか?

ブックマーク

この作品の評価

1pt

Loading...