潜む者の疑問

 レオンと『不破壊』が手を組み、鍛錬を開始した瞬間。  彼らにも、他の闘技者関係者にも気づかれず、その場を遠くから様子を窺っている者がいた。  その者の第一声は――――  「なんとも汚らわしい」  唾棄するかのような口調。  ソイツは溢れんばかりの殺気を外部に漏らさない。  いや、殺意だけではなく、気配も感じさせていない。  まるで朧な存在。  ソイツの名前はラインハルト。魔王軍の将軍職に就く者。  獅子の頭を持つ半獣半人の戦士である。  なぜ、そんな彼が現れたのか?  そもそも、ここ第五迷宮は魔王軍の怨敵、ベルト・グリムを罠にかけるための場所である。  魔王軍滞在の噂を流し、乗り込んできた所を閉じ込める。  逃げ場をなくした所で1対1の決闘で討ち取る……その予定だった。  しかし、内通者であるソルの話では、暫くベルトは来ないという話だ。  「なぜだ?」と問い詰めてみたが……  彼が言うには――――  「彼がここに来るには、様々な許可が必要でして……」  「人という種族は馬鹿なのか?」  人という種族であるソルに直接言うには問題ある発言であるが……  それは皮肉ではなく、本心から出た言葉であった。  「都市の地下に魔王軍が潜んでいる。ならば、すぐさま討伐するのが道理であろう?」  「それはその通りなのですが、人は平和を謳歌した結果、危険というものに鈍化してしまったのですよ」  「鈍化? 危険ならば――――異質なものを速やかに排除するのが人の本質ではなかったのか?」  「その通りです。ですが、得た地位に価値をつけるため、面子メンツと言う物を矜持プライドに置き換える者に取っては、他者や自身の命を軽視してしまうのも人の本質です」  「……わからぬ。いや、もう良い下がれ」  「お前と話しているを頭が痛くなってくる」と付け加え、ソルを退室させた日から1ヶ月以上は経過している。  ならばと、地上への進軍を魔王へ進言した事もあるが、なぜだか却下された。  その暇な間、ラインハルトは人に姿を変えて、地上の様子を見て回っている。  地上では、やはり唾棄すべき光景が広がっている。  カジノでは、金に取り付かれたような男。 金を持つ男に言い寄る浅ましい女。  彼らを裏で嘲笑う従業員。  真上の闘技場では、血に酔う事でしか自身の価値が分からずにいる戦闘狂や殺人鬼。  自虐主義に自滅主義者。  まるでこの世の地獄が広がっている。  滅せねばなるまい……その本能的な感情に蓋をするのは、魔王さま直々の指令。  ベルト抹殺指令の遂行を最優先にしてるからだ。  人の世に紛れて気が狂いそうな日々。   しかし、それも終わる。  もうすぐ、ベルトがここに来るのだから……  気づかぬまに舌なめずりをしている自分を抑え、ラインハルトは姿を消して――――  だが、その前に気になる事が脳裏を過ぎった。  目前で戦う2人。  これからベルトと戦う予定のレオン。 1ヶ月前に戦いベルトに負けた『不破壊』。  その2名の鍛錬を見て、解せない感情が芽生える。  (あの魔王さまの命を奪った憎き怨敵、ベルト・グリム……その彼が苦戦をしたと言う2名という話だったが……)  「はて、それほどまでにベルトという男が弱いとは思えぬのだが……」  そう口にして、今度こそ姿を消した。

ブックマーク

この作品の評価

2pt

Loading...