第三話 螢惑(前)

 才四郎と和尚が寺でさし飲みしたときの話です。前編は和尚視点、後編は才四郎視点で書いています。 -----------------------------------  だいぶ夜も更けた。魚釣り星の付近で螢惑がいやに赤く輝き始める。 ーー悪相とならねば良いが。  夜空を見上げつぶやいた言葉は、静かな廊下にひっそりと落ち、蛙の声にすぐさまかき消されてしまった。  和尚は言ってもしょうがないというように空から視線を外すと、銚子と盃を載せた盆を片手に足音を立てず縁側に続く廊下を行く。すでに寺の者は床についたか寝静まっている。蛙の騒がしい鳴き声だけが林の向こうから染みいで、辺りに満ちている。  ふと、隣室の障子の前で一度歩みを止めた。愛らしい姪っ子のたてる微かな寝息を確認し、口元を緩めると。そのままさらに奥の客室へと急ぐ。 「今宵、吉乃を助けてくれた礼に、うまい酒を振る舞いたい」  そう件の人物をさし飲みに誘ったのは和尚である。もちろんその人物とは他でもない。吉乃を護衛して来た忍、才四郎である。この忍、おそらく亮太郎に吉乃の陵辱と暗殺の命を受けているのは明らかであるのだが。姪から話を聞く限り、そのようなそぶりを全く見せないという。 ーーおかしい。一体何故に?  見る限り、簡単に情に流されるようなうつけには見えない。戦場を離れて暫く経っているとはいえ、そのような勘は衰えるものではない。  それを証拠にこの寺への連絡の入れ方、進入経路の確保や段取り。今朝の受け答えを見聞きする限り、身分をわきまえており、知恵もある。吉乃の言うとおり、腕もそれなりの上忍であるに違いないようだ。そのような者が、一銭の得もなしに、主である領主にそむき、あのような強情っぱりーー自分の姪に対してずいぶんないい草であるがーーのために隊抜けまでして、付き随っている……。全くもって理解の範疇をこえている。  頭をひねりながらゆくうちに、客間。才四郎の部屋の前にたどり着いていた。  歩みを止め、息を殺す。そして……。  はたと気付き、自らがおかした不躾な行いに慌てて、居を改める。昔武人であった時の癖で、無意識に室内の気配を伺ってしまった。  どうやらあちらも起きて待っていたようだ。こちらのただならぬ気配を感じてか、刀を自らへ引き寄せたのが手に取るようにわかる。 ーーこのような所作一つとっても、うつけとは考えられぬが。 「すまん、わしじゃ。般若湯を持ってきた。清酒だぞ。そうそう飲めん。共にどうだ」  出し抜けに明るく声をかける。その声に不意打ちを受けたように身じろぎした才四郎が一瞬何か言おうとし口をつぐんだのも分かった。無論言わずもがなお見通しである。和尚は内心舌打ちをしながら続ける。 「坊主なのにいいのか、などと不粋なことを申すなよ」  男が観念したような、笑みを殺したため息をもらす。すぐさま返答が返ってくる。 「いただきます」  障子が開いた。才四郎が顔を出す。  奴の本心がわからぬのであれば、やきもきせずに直接腹を割って、聞き出せばいいだけの話だ。……酒の力を借りて。 「待たせたな。そこに座られよ」  和尚はにやりと笑みを浮かべ、自ら先に縁側の縁に腰を掛けた。  縁側に二人並んで腰を掛ける。漆塗りの盆の真ん中に銚子と盃が二つ。他に薄紅色の塩が盛られた小皿がある。不思議そうにそれを覗き込む才四郎に和尚は、 「岩塩だ。肴に食い物は邪道だ。酒に失礼だ。そう思わんか」  そう返しつつ、和尚は銚子をつかみ才四郎に向けた。あわててそれを受け、代わりに注ごうとした彼を制し、構わん、と手酌で自分の杯を満たす。さあさあ飲めと急かすと、才四郎が急ぎ杯に口をつけた。 「旨い」  しばらくして、ため息とともに深い感嘆の声が彼からもれる。その反応に満足したように、和尚は深くうなずき自らも盃に口をつけた。清酒は濁り酒と比べ見た目もそうだが、味が全く違う。水のようにすっきりとしており、少し辛味がり、口当たりも良い。 「そうだろう。僧になってつまらんことばかりであったが、殊更酒に関してだけは、得をした気分になる」  相槌を打ちながら、和尚はちらりと再度才四郎をみやった。こちらのことなど忘れたかのように、酒をたのしむ男の容姿を眺め、目を細める。  初めて出会った時にも思ったが、やはり。かなりの美丈夫である。  癖っ毛だが、月影を受け、所々濃藍に光る豊かで長めの総髪。通った鼻筋、凛々しい眉。顔立ちもはっきりとしている。健康的に焼けた肌。兵士や、武将など近距離戦を得意とする者と違い、俊敏な動きに趣を置く忍ならではの鍛え方をしているのだろう。背丈はだいぶあり、自分と同じ位であるが、筋肉の付き方が違う。すらりと細身に見える。何よりその双眸だ。くっきりとした二重であることも宛ら、謀を生業とする忍とは思えないような、澄んで綺麗な目をしている。  普通の年若い娘であれば、こんな男に声でもかけられれば、一も二も無く付いていく。すぐ様言いなりとなり、靡くはずだ。彼をあれ程――本人にその気は全くないのだが――、見てて憐れな程振り回すのは、吉乃ぐらいのものであろう。恐らく奴自身、初めて受ける仕打ちに、戸惑い、苛立ちもかなりのものの筈だが。一度も才四郎は吉乃に手を出していないという。男色かと思えば遊女を代わりにし手を出さない。加えて寺に来てから今に至るまで、吉乃への気遣いが恐ろしいほど細やかだ。荷車から降りるときは手を貸してやり、墓へ行って雨が降れば傘を指してやる。絶望して泣けば、自害しないように外で付き添い見守ってやる。  これは和尚が、急な法事で席を立たねばなはなくなり、小僧に目附を頼んだが、彼女の部屋に行こうとしたら、お付きの青年が、刃物は取り上げ、自分が見ているから大丈夫だ、と、帰されたと聞いて知りその時は心底驚いたものだ。  しまいに、他人である自分の前であれほどまで、幼い吉乃こけにされたにも関わらず、彼にとって何の旨味もない鎌倉まで護衛するなど言い出す。  吉乃の言うように「優しい人」で済まされるはずがない。 ――こやつは何か別に企んでおるのか? それとも……本に吉乃に惚れているのだろうか。  和尚には、吉乃の身の安全の他に、才四郎の本意を確かめたいもう一つの理由がある。  和尚は彼女を出家させたくはない。十五で成人させよと、兄、吉乃の父から、もしもの時にと予め遺言を受けたのだが、その際に成人後できれば出家ではなく、彼女が幸せになれると思える者のところへ嫁に出したいと頼まれたことを思い返す。  火傷を負っているとはいえ、あの瞳、あの見た目だ。下手なところに嫁に出せば、戦に巻き込まれて、母と同じような最期を遂げることとなる。それだけは避けたい。  嫁入りとならば、一生用心棒を務められるような、強者、有名な剣道場主辺りと見合いさせるか……。彼女が寺に来ると聞いてから、思案を繰り返したのだが。丁度体よく現れたこの才四郎と言う男。 ――一体どういう者なのか。ここで一丁見極めてやろう。  一見、面白がっているようにしか見えないが、これがこの席を設けた和尚の真の魂胆なのである。

ブックマーク

この作品の評価

0pt

Loading...