オフクロー! | 第3話 ジャンキーホワイト見参ッ! 聖夜に響く決戦のジングル・ベル!
竹村いすず

第3話/Bパート

 オフィスビルの隙間にささやかに存在する、小さな緑地。昼休みはOLたちの憩いの場ともなるその公園で、オフクローとジャンキーホワイトは激しい戦闘を繰り広げていた。  ちらほらと雪が降りだし、お互いの弾む息は白い。  どこかで、クリスマスパーティーでもしているのだろうか? 遠くで、朗らかな鐘が鳴り響いている。さながら二人の運命を決する、裁きの鐘のように…! 「ぐぅっ……! くそ、これならどうだ!! オール・グリン・ピース!!」 「効かないって言っているでしょっ!」  オフクロー渾身の攻撃が、またも|容易《たやす》く弾かれる。しかし、ジャンキーホワイト自身も慣れない戦闘のせいだろうか、既に体力の限界のようであった。それでも不敵に笑ってみせるところが、彼女の強さであろう。 「いい加減に諦めたらどう? おまえの攻撃は、あたしに通用しないのよ!」 「く、くそっ!」  悔しがるふりをしながらも、オフクローは、慎重に彼女の隙を窺っていた。今彼が習得している攻撃は、ことごとく通用していない。  ――それでも。母に託された奥の手、これがある。信じがたいが、もはやその「奥の手」以外に手はないところまで追い詰められていた。  彼女の疲労はもはやピーク。繰り出すならば今しかない! 「さあさあ、さあさあ! 負けましたと言いなさい! もう、働く人たちをあなたの都合で左右するような、そんな正義の味方気取りはやめなさいッ!」 「断る! 身を粉にして働く姿は、確かに尊い! だがそれは同時に、けして強制されるべきものではないんだ! その影にある涙を、悲しみを、報われない忍耐をッ!! 俺は見過ごすわけには、いかないっ!!」  オフクローは! 雪空に向けて、力いっぱい手を掲げる!!  その手の先に、光るはほのかな蝋燭の灯。ポッポッポ……と、弾けるような音を立て、円周上に灯った24本の蝋燭が、雪風に負けず急速回転し始める……! 「雪の日の、今宵限りの奥の手だ!」  にまりと笑うオフクローの手には、真っ白なデコレーションクリームと贅沢に苺をあしらった、サンタの砂糖菓子が乗ったもの!  そう! クリスマスケーキだ!! 「食らえッ! クリスマス・ケーキ・シュガークラアアアアアアアアアッシュ!!」 「ふん、手作りケーキとでも言うつもり!? そんなもの効くはずが……!? きゃああああッ!!」  予想外のダメージに、ジャンキーホワイトが弾け飛ぶ。 「なっ、なぜっ!?」 「そのケーキをよく見ろ、ジャンキーホワイト」 「えっ? はっ……!!」  ぺろりと、頬についたクリームを手の甲ですくい、舐めとると――ジャンキーホワイトは驚愕に眼を見開いた。 「こ……これは手作りケーキじゃない! ケーキ屋さんのケーキでもない! どこにでも……それこそコンビニにでも置いてある、メーカーの、量産型のホールケーキに、サンタの飾りを置いただけのものじゃない! これのどこが、『おふくろ』のクリスマスケーキだッていうの!?」  立ち上がろうとして、ガクリと膝を折る。回復できない彼女の前に、足音を立てて、割烹着姿が近づいていく。 「……さすがだな。その通り、どこより遅くまで売っているコンビニのケーキだよ。ジャンキーホワイト」 「なっ……おまえにはオフクローとしてのプライドはないのっ!? こんなの『おふくろの味』じゃない!」 「そんなものは関係ない。君は、何か勘違いをしているよ。手作りが『おふくろの味』だなんて、決まっているわけじゃないのさ」  ちらつく雪が、肩に乗る。その冷たさにか、別の理由か、ジャンキーホワイトの肩が震えた。 「クリスマスとは、想い出だ。例えクリスマスケーキを手作りする暇もないほど忙しい親でも、クリスマスに何かを用意してやりたいと子どもを想い、精一杯準備したものなら。 出来合いのケーキでも、フライドチキンのパックでも、例えコンビニのお菓子でも!! それは『おふくろの味』なんだ! 君にも、そういう想い出があった。だから、攻撃が効いたんだ」 「そ、そんな屁理屈……っ!」  わなわなと震えるしなやかな指先を、伸びた白木の菜箸が打ち付ける! 初めての有効な攻撃に、彼女の武器、オニオンリングが消滅した。 「あっ……!」 「今日こそ正体を明かしてもらうぞ。ジャンキーホワイト!」  ジャンキーホワイトは慌てて欠けた仮面を腕で隠し、最後の力を振り絞って飛び退った。  料馬の目には気のせいか、ちらりとよく知った顔が……!  硬直したオフクローから、さらに大きく距離をとり。大きくかぶりを振って、悪の衣服をまとった少女が絶叫する。 「うるさいうるさいうるさい! 『おふくろの味』なんていらない! 手作り料理なんか大っきらい!! あたしには、パパがいればそれで十分なんだものっ!!」 「ジャンキーホワイト……君は、まさか」 「……今夜は負けを認めてあげる。でも、その傲慢を忘れないで」  一度、しゃくりあげるように肩を上下させ。仮面を腕で隠したまま、ジャンキーホワイトは遥か雪の向こうに走り去っていく。 「ジャンキーホワイト!!」  呼ぶ声は雪に消されて届かない。ホワイトクリスマスに沸く街の片隅で、彼は小さな背中の消え去った場所をただ、見つめていた。 ◇

ブックマーク

この作品の評価

3pt

1クール放映して欲しかったです🍙

2019.10.06 02:50

秀春香(ひではるか)

2

Loading...