オフクロー! | 第3話 ジャンキーホワイト見参ッ! 聖夜に響く決戦のジングル・ベル!
竹村いすず

第3話/Aパート

 クリスマスイブ。どこか浮かれた雰囲気の漂う、県立おこげ学園高等部の放課後である。  体育館への通路は裏門への近道なので、帰宅途中に横切る生徒はかなり多い。家の手伝いのため、いつもの通り助っ人の誘いを断って通路に出た料馬は、校舎の影をポツンと歩く二つ結びの黒髪を見つけた。白緑 亜緒である。 「亜緒ちゃんはカニクリームコロッケが好きなの?」  亜緒が勢いよく振り返る。まんまるく見開かれた瞳に、料馬もしばし面食らった。苦笑して、 「毎日買って行ってくれてるだろ。ご|贔屓《ひいき》にありがとうございます」  手を上げてにんまりとする。亜緒は、名前で呼ばれた困惑もあり、斜め下の柱に視線を落とした。 「別に……帰り道にあるだけだから」 「そうなのか? ま、いっか。じゃ、またうちの店でな!」  亜緒は、軽快に走り去る背中を見つめていた。体育館通路の空気は冷たい。スカートがそよぐ。 「……そう、だよ」  呟いた声は中庭の土にぽとりと落ちて、誰にも届かなかった。 ◇  その晩。  またも忍び寄る悪の気配に、コージン様が騒ぎ立て、今宵も料馬はオフクローへとその身を変えた。 「割烹慈母神・オフクロー! ほいじゃ、ちょっくら行ってきます!」  いつも通りの名乗りを上げながらも、かすかに顔に陰りがある。心の片隅に、昨晩現れた謎の女が引っ掛かっているのだ。  まさに飛び立とうと身を沈めたその瞬間、勝手口から小柄な影がぬっと出た。 「待ちな!!」 「!? お、おふくろっ!」  料馬を呼び止めたのは、はたして先代オフクローの芳江だった。  腕を組み、息子、いや次代のオフクローを睨みあげる。 「……コージン様に聞いたよ。昨晩は、ジャンキーホワイトとかいう女の子に、無様にぼろ負けしたそうじゃないか」 「えっ、ちょ、なんで知って……! コージくん!」  コージン様を思わず睨むが、炎は揺らめくばかりである。母は、バッと手を広げて、息子の視界を遮った。 「いいかい。今夜もどうせ、彼女は出るよ。そして今の未熟なあんたじゃ、そのジャンキーホワイトって子には、おそらく勝てない。張り合っても負けるだけさ」 「なんだって? どうしてそんなことが分かるんだ!」 「長年の経験からくる、『勘』さ。それでも、どうしてもというのなら……ひとつだけ、方法がある。今夜限りの方法がね」  辰巳家遺伝の笑い方で、母はニヤリと口の端を上げた。

ブックマーク

この作品の評価

3pt

1クール放映して欲しかったです🍙

2019.10.06 02:50

秀春香(ひではるか)

2

Loading...