第二話 薄明(1)

 小春にであう前の才四郎の過去の話です。 ----------------------------------- その伝令が来たのは、薄明だった。  ――勝ち戦である、残党がおらぬか確認し、早々に城へ引き上げろ、と。 東の空が次第に紺色に代わり、次第に橙を帯びてくる。冬近い晩秋の頃だ。空気は既に肌を切るように寒く、秋虫の声も、もう聞こえない。死屍累々とした雑木林は不気味に静まり返り、物音一つしない。 思えばおかしな行軍であった。 後軍が火器を携え、前方に配置された足軽を盾に攻撃を仕掛けてきた。こちらも後続の飛び道具を始末するため、歩兵を斬らねばならなかったが、背後の味方による理不尽な攻撃で命を落としたものも多かった筈だ。 雑木林の梢から、近くに人の気配が無いことを確認し、地面に飛び降りる。差し込んできた陽の光を頼りに、足元に転がっている雑兵の一人の顔を見やった。 その瞬間、俺は目を疑った。 それと共に、心臓が跳ね上がるような驚きと、今までどの戦場でも感じたことのない嫌悪。そして沸き上がる恐怖に、体は震え、気づくと、その場に跪き……胃の中のものを全て吐いていた。 目の前にすでに物言えなくなった、恐怖に顔をひきつらせ、仰向けに転がるその雑兵。 最後に別れて数年たつが見間違えるはずもない。彼は俺が忍になると村を出る際に、最後まで反対し、しかし最後には励まし送り出してくれた唯一無二の親友、三軒隣の幼馴染みの弥平だったからだ。 刹那、あのおかしな行軍の意味を瞬時に理解し、同時に俺は口を拭い、ふらつく足を奮い立たせ立ち上がった。恐らく俺の実家のある村を襲撃し、男共を従軍させたに違いない。であるならば、姉……。村に残している大切な人。病弱である姉の安否が、気になる。行かねば……! 急ぎ姉を助けに行かねば! 突如肘を強く引かれ、反射的に後ろを振り向いた。  まさに今、村へ戻ろうとしている俺の行動を制止するように、有無を言わさぬ力で腕を押さえつけられる。俺の目に、白髪混じりの、猛禽類のような目を持つ大男、自らが所属する忍隊の頭の顔が飛び込んでくる。気配を全く感じることなく背後を取られるなど、独り立ちしてから一度もない。それ程今の俺は動揺しているのだろう。兎に角にも、丁度良い。隊を一時離れることへの許可をもらおうと声を出そうとした。しかし、うまく声にならない。  全てを知っている、というように、頭が無言で首を振った。――それが全てを物語っていた。俺の実家のある北西の小さな村は、もう既に無いのだ、と……。  以前より不穏な動きが懸念されていた、北の領主が、とうとう数日後同盟を破って、こちらへ攻めいるつもりである。という報が入ってきた。そのような報せは、そうそう漏れるようなものではない。しかし侵略される側に、命乞いを求める者が合わせて数人、その報と共にこちらへ寝返ってきたのだ。北の領主は恐らく落ち目なのであろう。  我々の領主様は、まず北の領地の村の女子供などを、自らの城下町に呼び寄せ匿うという令を発した。その後、健康な村人たちを集めて隊を組み、北側で待ち伏せをする、我はと思うものは集え、と召集をかけた。戦を行うときは、城につめている武士だけでは、とてもじゃないが人手が足りない。領地の民を足軽として組織するのは必須だ。しかも士気が高くなければ戦場で役に立たない。自らの家族、領地を大切にし、守ってくださる領主様の意に答えようと、民が自ら意を決するのを促すため、そのような令を発されたのであろう。  領地の北には街道沿いに、商業により栄えた宿場町の機能を持つ村がある。民の数も多く、恐らくその商業都市の金を狙った進軍であろうことは目に見えていた。領主様もそこから通行税を徴収している関係上、絶対に手放したくない。  とはいえ、素人の集まりの足軽で倒せる敵の数など他かが知れる。自分が所属する忍隊にも急ぎ伝令が下った。先に闇討ちし、野戦で奇襲をかけ、兵の数を減らし、疲れさせておくようにということであった。  先の伝令で、北の村の女子供を護衛し、湖の傍にたつ城の城下町へ護送の任に着いていた俺は、野戦の命を続けて受け、とんぼ返りで北へと戻った。疲れなかったと言われれば嘘になる。しかしそこから北西にいった外れの場所には、自分が生まれ育った村があった。小さいが大切な人達の住まう村だ。今回標的となった村よりは、かなり離れているとはいえ安全とはいえない。俺は元々百姓の四男坊だ。こんな仕事に就いているのは元々その村に住む、大切な人、姉のためだった。村を巻き込むような戦になるのを防ぎたい。そう思えば疲れよりも、任を滞りなく遂行し、成功させることの方が大事だった。  報の通り、北の連中は想定された時間、場所に現れた。しかし当初の予想より、雑兵の数が多かった。  戦意のない相手を斬るのは躊躇させられたが、夜に紛れてまるで雑兵を盾にするように、石火矢など重火器、火縄を使い雑木林の隙間を縫って攻撃をしかけてくる相手に容赦は出来ない。装備については叶わなかったが、機動に関してはこちらが上だ。ある程度気付かれることを予測していたようだが、こちらに情報が完全に漏れ、万全の準備を敷いているとは思っていなかったらしい。俺達が止められなかった残党も、背後に控えていた足軽たちに殺られ、夜明け前には、ほぼ壊滅、相手方の兵は散り散りに逃げていた。  そして、俺は足元に転がる死体を見て全てを知ったのだ。こいつらは北西の端にある、俺の村を最初に侵略し、兵の数を増やして、こちらへ進軍してきたのだ、ということに……。恐らく、酷く色の悪い顔をしているであろう俺に、頭がいつもと同じ感情を殺した声で言った。 「どうやら北西の村を焼き討ちにし、民を従軍して来たらしい。北西のあの村はお前の出身地であったな……」  夜襲をかけたときの、あの雑兵を盾にしたような、戦い方はそういう理由であったのだ。 「村に寄ってから、城へ戻ります」  震え、情けない声ではあったが、やっとそれだけ伝えた俺に、頭は憐れみをたたえた瞳で見つめ首を振った。 「行ってもなにも残っていない。女子供は情報が漏れるのを怖れた奴等に皆殺された。男は一人残さず従軍された。ただ焼け野原が広がるだけだ」  行ったら余計辛くなる、このまま城へ帰るように、これは命令だ、と口早に伝えられた。  人は悲しみがあまりに大きいと思考が止まる。感情さえも死んでしまうのだ、と俺はその時初めて知った。涙一つこぼすことも出来ず、俺はただ、意志も感情も持たぬ人形のように頷き、その命に従うしかなかった。 「北西の村の民には、申し訳ないことをした。守ってやることができなかった。お主はあの村の出身であり、唯一の生き残りになってしまったな。本当にすまない」  城に戻り、詰所へつめていた俺に、数日後、領主様直々にお声が掛かり、相まみえる機会が与えられた。  数日経っても、実際村が滅びた様子を見ることさえ許されず、後片付けの仕事に追われていた俺は、姉が死んだことが信じられないような気持ちで、ただただ呆然とした日々を送っていた。頭に領主様直々に、お前とまみえたとの思し召しだと言われ、重い腰をあげて指定された部屋へと向かった。頭に付き添われ、領主様の部屋の下座に通される。気付くと、その周りには領主様の家臣もすでに座しており、その中で俺は、領主様の深々と頭を下げられた。 「いえ、そのようなお言葉、お心遣いをいただきまして、勿体のうございます」  俺はそう返した。周りの家臣達から、このような身分の者にも、領主様はお優しい、というような感嘆の言葉が入ってくる。ふと顔を上げ、領主様の目を見つめた。その表情には、お前の村を見棄ててしまって申し訳なかった、という苦悶の表情が見て取れた。ああ、そうであったか。なんとなく思いはしていたが、懸念が確信に変わる。俺の村が襲撃されことは、野戦前には、明らかになっていたのだ。しかしそれは限られた人間にしか知らされなかった。知らされれば、味方を斬ることに躊躇する者が現れ、これほどまでの勝ち戦とはならなかったであろう。 「領主様より、そのようなお言葉をいただき、頭迄お下げいただいたとあらば、あの世に向かった村の者も浮かばれましょう」  それ以外なんとえば良かったというのだろう。冷静に鑑みれば、小さな村を助けようとすれば、もっと大きな犠牲が出たはずだ。小の虫を殺して大の虫を助ける。さほど大きくないこの領地の民の命の犠牲を、最小限に抑えるにはそれしか策がなかったのだろう。結果、百人も満たない俺の出身地を見捨てることで、数百に上る領地の民の命はそれに代えて助かった。領主様の判断は間違ってはいない。彼は非常に才に恵まれた、頭の切れる方であることに違いはない。その上この謁見も恐らく、家臣達に自らの徳を見せつけ、さらに結束を高めるために、領主様が態々開いた茶番なのだ。  これから先も、彼がいる限り、この領地の安全は守られ、平和な時間が過ぎていくことが約束されるに違いない。  だが……俺の村は奴に見捨てられた。  そして俺は今、自らの心を殺し、家臣の結束を高めるためのこの茶番に付き合わせれ、道化師となることを、強いられている。人の心とは、どれ程までに冷たく、無情なものなのであろう。  俺の大事な者たちを返してくれ。せめて、せめて姉を、姉だけは助けたかったのに……!  そのような人の心の裏、裏切り、冷酷さに傷つけられながら、俺はそれを誰かにぶつけ、責めることができなかった。領主は間違っていない。だがそれを許すことなど感情が許さない。到底出来ない。だが……領主が組織する忍隊の一員である俺は、ここにいる以上自らの心を殺すしていくしかない。  隊の者も事実を知り、後ろめたかったのであろう。それから、ことあるごとに、飲みに誘われた。そして気づくと女と二人きりにされている。その時俺はまだ十七だった。年の若い男が好きな酒と女という快楽によって、とにかく忘れろ、ということだったのだろう。それで全てを忘れることができるのであれば、身を任せるが、それどころかさらに、人の心の闇がつまびらかにされることばかりで、こちらの気が沈むばかりであった。  自分は、あまり頓着したことはないが、女人受けする容姿であるらしい。 「才四郎さん、大変でしたね……お可哀想に」  酒を飲んで女を抱く。酒場の女たちは、必ずそう言った。そして型にでもはめたように、同じことを続けて口にする……でも、私は傍にいますから。そして俺の胸に頬を寄せてくる。同時に彼女らの心の声が聞こえてくる。 『この期を逃してなるか。この者と共になる。さすればこの苦界から抜けることができる。皆の羨望を受けて、抜けることができるのだ』  こちらの心情など御構い無しだ。奴らは自らの欲望を、人の弱味につけこみ貫き通そうとしてくる。領主や、頭、この者も皆同じ。人とはこういうものなのだろうか。    誰も信用することができず、人間不信に陥る。そして全てを壊したくなるような酷い感情を持て余す日々の中、ある日ふと思い至った。  いや真に憎むべきは、この怒りと悲しみを誰にぶつけることなく、物わかりのよい自分を演じている俺自身ではないだろうか。俺こそが村の者たちに責められて然るべき存在なのではないか……。  もし皆を心から大事に思うのであれば、あの場で頭に歯向かい村へ急げばよかった。あの場で刀を抜き、領主に斬りかかればよかった。躊躇せずに隊を抜ければ良かった。  そうしなかった俺こそ、権力に従うしかない、哀れで弱い、裏切り者ではないか……。  そう思い付いたが最後、自分が憎く、憎悪が止められなくなった。夜から昼まで酒を煽り、気付いたら、湖畔に立っていた。  吐き気と酷い頭痛に呻きながら、もうこのような思いから解放されたいと願った。  俺も皆の所へ行きたい。  そもそも、忍になった理由、愛する姉の「戦の世を早く終わらせたい」という願いももう、すでに叶える意味がない。この世に止まる意味などないではないか。 ――自らの首に、己の刀の刃を当て滑らそうとした、まさにその時であった。あの娘に会ったのは……。  彼女の奏でる笛の音を聴いたときに、なぜだろう。俺は瞬時に理解した。演奏している者が自分と同じ、愛するものを全て失った者である、ということを。笛の音は、まるで言葉であるかのように、俺の胸に語りかけてきた。 ――死んではなりません……どうか、どうか、生きて下さい。  どうせ死ぬのであれば、この笛の主に一度会ってからでも遅くない。その思いが歩みを進ませた。まるで誘っていたかのように、俺が傍にたどり着くと同時に笛の音が止み……そして湖畔に立っていた奏者がこちらへ振り向いた。銀色の髪に、深い常盤色の瞳を持つ、あやかしのように、美しい娘がそこにいた……。  彼女は不思議な力を持っていたようだった。  何も言わない俺の心のうちを、俺の身の上を全て理解しているようだった。しかしそれに対して他の者と同じように、憐れみ、同情し、励ますということをしなかった。ただただ、静かに俺の心に寄り添ってくれた。同じ境遇に立たされた者同士でなければ、理解し合えない深い悲しみの共感、それを分かち合うことによりもたらされる心の共鳴と癒し。不思議に温かい時間がそこに流れる……。彼女は鈴のように澄んだ可愛らしい声でこう言った。 「遺されたたものには理由があるそうです。私にはまだその理由がわからないのですが」  やはり彼女も俺と同じ、遺されたものであるらしかった。そして彼女は続けた。その理由を次会うときまでに、共に探し、見つけようと。それはつまり、 ーー自分も生きていきます、だからあなたも生きて下さい、共に生きましょう。そしてまた会いましょう。  といっていることに他ならない。  自分よりも年端のいかない娘が、同じ境遇に立たされている。そして今まさに死のうとしていた自分を懸命に助けようとしている……。その健気さと、強さ、思いやりに満ちた優しい心遣いに俺は強く心を打たれた。  村を、大事な人たちを失って以来、人々の裏切りと、剥き出しにされる凶悪なまでの冷酷さに、傷つき、冷え切っていた自らの心が温められ、溶かされていった……。気づくと俺の目からは、あの以来流すことさえなかった涙が溢れていた。俺はやっと自らの感情を外に吐き出すことが出来たのだ。  彼女はそれを受け止めるように小さく頷いた。彼女の常盤色の猫のように大きく丸い瞳も潤んでいる。彼女はそっと胸元から、何かを取り出し、俺に差し出した。涙を拭くようにということなのだろう。小さな可愛らしい布だ。仄かに清らかな桜の香りが漂う。受け取ろうと手を伸ばす。彼女の白くか細い陶器を思わせる指が触れる。 ……温かい。  彼女はあやかし等ではない。生きた人間。そうであるなら……。布を受けとると同時に焦燥感に駆られて、俺は口を開こうとした。君とまた会いたい、せめて名前だけでも聞きたい。そして再会の約束を……!  その瞬間、水鳥が声を上げ湖面から飛び上がった。その高々と響く声に、現実に引き戻され……つと、視線を戻すと彼女はまるで、俺の悲しみの心が見せた幻であったかのように、跡形もなく姿を消してしまっていた。  しかし……。俺の手には、桜の香りがする小さな布切れが握られていた。これだけが彼女が確かにここに存在したということを証明していて……。  夕刻。まさに黄昏時。時間が空いていたので、湖畔であの娘が現れぬか待ってみたが、今日もそれは叶わなかった。  あれから五年の月日が経った。自分は既に齢二十二となっている。十七の多感な時期に様々なことが起き、あの時はだいぶ参っていたが、この年になり、先のように過去を冷静に振り返ることができるようになった。自分の感情を操縦する術もだいぶ身についてきた。  自分は未だに石内の忍隊に所属している。一時期は抜けて領内百姓にでも戻ろうかとも思うたが、やはり実入りを考えると、なかなか思いきりがつかなかった。十二の時に既に農家である実家を離れ、忍の修行を始めていたのだから、そう簡単に戻れるはずもない。それに……この地を離れるというのも、決心を困難なものにさせた。抜け忍になるのも簡単ではないが、それ以上に俺は未だにあの五年前に出会った娘、翠玉のように美しい瞳を持つ、心優しい彼女のことを忘れられないからだ。  彼女はあのとき、言った。遺された者にはその理由があると。それを共に探し、生きていこうと。俺は彼女に再会出来るその日を信じ、答えを探し続けた。過ぎ去り行く日々の中で、ある日その答えを、ふと見つけることが出来たのだ。 『一日も早く、戦のない平和な世が迎えられるよう、身につけた忍びの力を戦で寄与し、あの優しい娘と共になり、彼女を幸せにしたい。彼女がずっと隣にいてくれるなら、俺も幸せになれる。それこそが生き残った理由なのではないか……』と。  その答えに行き着いたとき、彼女を見つけるにはこの地を離れるわけにはいかない、そして現実的な話であるが……金はあった方がいいだろうと、自然と思った。あの美しさだ。純真無垢の様子であったため、そうではないと思うが、もし位の高い遊女であるなら身請けするにも金がいる。また人探しをするにあたって、忍とはうってつけの仕事であった。情報が出入りする場所にいた方が、都合が良いと思ったのである。  確かに、忍であるからして、領地、領民を守るためという理由から、口憚られるような任を受けることも多かった。しかし、そのような仕事に身をやつしたとしても、少しでも、彼女の手がかりが得られると思われる場に身を置きたかったのだ。もちろんそれだけではない。忍隊の頭と、領主様は昔から懇意の仲であったらしい。俺の様子を頭から聞いたのであろう。もしくは後ろめたさもあったのであろうか。あの後、領主様は事あるごとに俺を気に懸けてくれた。頭も年に一度、あの季節になると、十日程休暇を取ることを許してくれるようになった。村のあった場所に行き、皆の供養をして来いと。  それだけであの憤りを、全て忘れた訳ではない。しかし、そのように忘れることなく、悔いてくれるのであるのなら……もう少しこの場所で働いてみるか、という気になり、今に至っている。 「またここにいたのか」  突如背後から気配がわき、振り返った。この気配は言うまでもなく頭のものだ。背後には思った通り、呆れた表情をした件の人物が立っており、続けて口を開いた。 「お前が見たのは湖畔のあやかしであろう。次会えば死ぬのだぞ」  俺が湖で出会ったあやかしの話は、隊の中では誰もが知っている。というより、五年前のあの時期、城内や城下町でよく噂になっていたのだ。城のある湖畔に、娘の姿をしたあやかしが出ると。その容姿はこの世のものでないように美しく、一度口を聞いたものは魅入られ、二度会うと、彼女に気に入られ、湖に引き込まれ死んでしまうと。  隊に五年ほどいるが、あの日以降、彼女の噂を耳にすることは、今まで一度もない。近隣の国外でもない。一体彼女はどこへ姿を消してしまったのだろうか。あの美しさであれば、どこかの大名の妾となれば、相当な噂となる筈なのだが。  まさか、やはり本にあやかしであったのだろうか、と、思うこともあった。しかしその度に、あの指が触れた際に感じた彼女の温もりと、彼女が残してくれたこの布。これが生きた人間であるという俺の確信を後押ししてくれている。今でもまだ桜の仄かな香りが残っている綺麗な布。もしそういった類であれば、このような物を持っている筈もない。 「本当にあやかしであればそうでしょうが。しかし彼女は、そうではなかったように思えてならんのです」  この会話も何度目だろう。夕方のこの刻、特に仕事がない時はいつも、俺はこの場所にいる。彼女と出会った湖畔の場所だ。それを頭も知っており、何か用事が出来た時は必ずここへ呼びに来る。そして同じ会話を俺たちは何度も繰り返しているのだ。あの頃は、隊で一番下っ端の身分であったが、今はだいぶ上になっている。この仕事で命を落とさず、この年齢まで続けているということは、自分で言うのもなんだが、腕があるということらしい。 「隊で一二を荒らそう腕の持ち主のお前が、そのようなつまらんことに、いつまでも拘ってどうする。他に見目の良いおなごが、たくさん抱けるであろう」  ため息交じりの頭の声に、俺は目を閉じて首を振った。 「任務でやむを得ずですよ。俺は女人をどうこうするのが、好きな訳じゃない」  女人受けする容姿をしているらしい俺は、女人を騙す……そういった任務をよく受ける。もし探しているあの娘に再会した時に、それが知れたら、何と言われるだろうか、と思いや悩むこともあるが……。しかし心はすでに彼女のものとなっている。そしてあの日以来、俺は任務以外で女人と寝るのを辞めた。そのように伝えて許しを請う他ないだろう。 「領主様がお呼びだ。お主に直々に任を与えたいとな」 「やれやれ。数日前は遊び相手の護送。昨日は死体片付け。今日は一体なんなのやら」  俺が鼻に皺を寄せて独り言ちたのが聞こえていたらしい。有無も言わさぬ威圧的な声で窘められる。 「憎まれ口を叩くな。仮にも前領主様のご嫡子であられるのだぞ。前領主様のご恩を忘れたとは言わさんぞ」  そう言われてしまうと、反論は出来ない。黙って頷く。 「失礼しました。参りましょう」

ブックマーク

この作品の評価

0pt

Loading...