オフクロー! | 第1話 その身を包むは炊きたてご飯の郷愁香!? ヒーローは街のおふくろさん!
竹村いすず

アバンタイトル

 チッ、チッ、チッ、………  闇夜にマッチを擦るような、規則正しい音。  いったい何の音だろうか?  ……いや、我々は知っている。  この音の|出処《でどころ》を知っている。  チッ、チッ、チッ、………  チッ、チッ、チッ、……ポーン………。  時計の針は、止まらない。  短針と長針がつかの間「12」の数字の上で交錯したというだけ……ただそれだけのことだ。  深夜0時とはすなわち、深夜24時のことである。「明日」を欲しないものにとって、今日と明日の境目など不要、いや、不要どころか――いっそ積極的に、邪魔ものであるといっていい。  23時59分であろうとも、00時01分であろうとも。一秒は同じ一秒である。ただ無慈悲にかたくなに。小さな泣き声も飲み込むように。規則正しく、変わらず、無情にただ、カフスボタンの下で時を刻み続けていくのである……。  いや。  果たして、そうだろうか?  そうなのであろうか!?  時を刻み生きる我々が、月日の数えを不要と断じることが果たして、真に正しい人間の姿なのであろうか!?  ……  ……………  秋の夜。  ビル風が、元気のない都会の街路樹をざわざわと騒がせていた。  ほのかな街灯を残して闇に沈んだオフィス街の狭い迷路のような空を、より黒い影が横切り、窓から窓へと飛び移る。  やがてその影は、煌々と白い光を溢れさせるオフィスビルに消え、見えなくなった。  数分後。  オフィスビルの吹き抜け、シャンデリアを模したきらびやかな飾り照明の上に、その影はいた。  ガラス張りのバリケードの奥には、一様に同じコスチュームに身を包んだ男たちの群れ。侵入者に気づかない彼らの住処を、影の足元から湧き出した白い蒸気が音もなく包み込んで行く。  間もなく、月が上天にかかる頃――揃いの黒服に身を包んだ悪の僕たちを一瞬で振り向かせるほどの朗々とした声で、その姿は高らかに死の宣告を歌い上げた。 「帰宅せよ……。『社長』のしもべたちよ!!」  その語りかけるような暖かさを孕んだ厳しい声音は、ああ、なんという攻撃力だろう。  誰もが胸を懐かしさにかきむしるような、落ちつかない気持ちに襲われる……! 「そ、そこにいるのは誰だ!? 」  異常に真っ先に気付いた一人の男が、誘惑を振り切り、煙を払って立ち上がり、月の影を振り仰ぐ。しかし、月を背負ったかの顔は、足元の照明にかっと照らされているものの、立ち上る白い煙にかすれてよく見えない。  だが、ひとつだけ。  戸惑う彼にも理解できたことがある。  この煙はッ!  郷愁を誘う、ほのかに甘く切ない白い煙は、……炊飯器の蒸気の香りッ!! 「女、子どもを泣かせる奴は、この私が許さない! 『何者か』ッ!? 問われるならば答えよう!」 「き、貴様はまさか…まさかァッ!」  悪の組織の構成員が、一斉にネクタイに手をかけ、警戒の表情もあらわにガタガタと席を立つ。  しかし、時すでに遅し! 「聴こえないのか!? 妻と、子どもの泣き声が! 故郷でお前を案じ続ける、お袋さんの溜め息がッ!! 自宅に帰れ!! さもなくば『社長』のもとに案内してもらうぞ……。この、」  秋の夜長の月灯りに、左手の黒い鉄器が光る。右手で木製の細長い二本の棒をヒュヒュパンと回転させ、そのシルエットは高らかに名乗りをあげた。 「オフクローの名にかけて!!!」

ブックマーク

この作品の評価

3pt

1クール放映して欲しかったです🍙

2019.10.06 02:50

秀春香(ひではるか)

2

Loading...