幕間①その炎の名は恩讐

   「ねぇ? 貴方はどうしたいの?」  その言葉には毒が混じっていた。聞いた者を痺れさす、蕩ける甘い毒が……  「アタイは……」  「冒険者ギルドを破壊したい?」  人々は麻痺している。  そこにあるもの、どんなに悪くても仕方がない……と。  それは、そういう物なのだから……と。  批判はしたい。しかし、それを壊そうとは思わない。  なぜなら、それは人々に取ってなくてはならないものなのだから……  けれども、彼女は言う。  「もしも、私の手に冒険者ギルドそれを爆破するボタンがあるとしたら……」  そう言って獣人に手を差し出す。  「貴方は、この手を掴むのかしら?」  彼女の――――マリアの瞳には炎が灯って見えた。  それは、美しく…… そして、見る者を凍えさせる黒い炎。  「アタイは……」と獣人は目を背ける。    しかし、それは否定の意思ではない。むしろ、逆だ。  獣人がマリアに見たものは、目を背けたくなるほどに眩い反逆心。  やがて、彼女の目にも黒い炎が灯る。  その炎の名は恩讐。   もはや、狂信じみた復讐心と忠誠心。  獣人はマリアの手を握った。  「いいでしょ。契約はなされました。貴方が犯した罪、その賠償は全てフランチャイズの名において清算いたします。それから、貴方と貴方の家族は我が家の保護下に入ります。……それでも無実放免とはいきませんが、償いを済ませばすぐに私の元に来なさい」  「はい、アタイの命は貴方様に託しますにゃ……いや、託します」  「ところで」……とマリアは笑みを浮かべて聞いた。  「私の名前は、マリア・フランチャイズ。貴方は何ていうのかしら?」  「アタイの名前はミケ・L・ダッシュ……です」  「そう……それでは私は貴方のことをミケラエルと呼ぶわ」    ・・・  ・・・・・・  ・・・・・・・・・  「……よかったのですか? マリアさま」  「あら? 貴方は新しい同志に不満があるのかしらシルフィド?」  「いえ、そのような事はありません。ただ、あのまま憲兵の所に連れて行かず家に帰るように言うのは……」  「いいのよ。あのまま姿を眩ますなら、それまでの事。それに……」  「それに?」  「家族のために大規模組織と敵対するのよ? 暫く会えないなら一家団欒を楽しむべきだわ」  「マリアさま……私は、今日の事で一層の忠誠を誓おうと思いました」  「あらあら……買いかぶりすぎよ。もちろん、打算もあるわ」  マリアはベルトの方を見た。  「貴方は、あの子の事を――――ミケラエルをどう評価するのかしら?」  ベルトは「そうだな」と少し考えてから――――  「斥候か野伏に徹するなら現状でもAランク。近い将来にはSランクは確約できる実力だな」  「ね?」とマリアは視線をシルフィドに戻した。  「これで我が私兵団にSランク冒険者を迎える事ができたわ」  「それも、お手ごろな値段でね」と付け加えるのを忘れなかった。  それから――――  「それじゃ私たちは帰るわ」  そう言うと「え?」と表情を浮かべるノエルとメイルを連れて消えていった。  帰り際、シルフィドに何やら耳打ちをしていたが、ベルトには聞こえなかった。  ただ、その直後のシルフィドの顔に赤みが差しているの見ると、もしかしたら何か卑猥なジョークを言ったのかもしれない。  「これから、どうしますか?」とシルフィド。  「そうだな。まずは……」とベルトは懐ふところに手を入れて……  「これを返すのを忘れていたな」と例のナイフを取り出した。  シルフィドはクスッと笑い、「プレゼントしていただいた当日に役立ちましたね」と受け取った。  「ところで使ってみてわかったのですが……」  「ん?」  「投擲用のナイフ1本では心ことなかったです。今日の記念にもう1本くださりませんか?」  「あぁ、いいぞ。これから少し歩くけど……」  「構いませんよ。私ももう少しだけ長く歩いてみたい気分だったのです」    それから日が暮れるまで2人は町を歩くのだった。

ブックマーク

この作品の評価

2pt

Loading...