幕間①逃走の果て 捕縛

 「なぜお前がここにいるにゃ!」  誘導された? あの白馬の追跡は囮?  混乱。  それも一瞬のみ。すぐに冷静さを取り戻す。  (まだにゃ、逃げれるにゃ!)  そう思い、獣人はベルトの姿に視線を――――  しかし、獣人は硬直する。  ベルトはナイフの腹を獣人に向けている。  そして、獣人の背後には太陽が昇っている。  新品のナイフは日光を反射して――――眩い光が獣人の目を襲う。  ――――その瞬間だった。  ≪瞬刹駆≫  ベルトがスキルを使用した声が聞こえた。  野生の第六感、後頭部に悪寒が走る。   今度はかわせない。  地面に無理やり伏せられ、体を捕縛される。  「にゃ、にゃにをするにゃ! このスケベ! 放せ、放すにゃ!」  それでもなお暴れようとする獣人だったが、彼女ができることは首を左右に振ることだけだった。  ・・・  ・・・・・・  ・・・・・・・・・  「この場合はどうするのですか?」  荷物を奪われていた女性を介護していたメイルたちが合流した。  獣人はロープで両手を縛られ、観念したかのように大人しくなっている。  「そうだな。国直轄の憲兵に差し出して、しかるべき処置を……ってのが本来だが……」  ベルトは獣人の顔を見つめた。  「お前、冒険者だろ? それなのに、どうして泥棒業に手を染めた?」  それがベルトには不思議だった。   少なくとも、SSSランクの自分に匹敵する身体能力。  本職は、おそらく斥候か野伏。  真面目に冒険者ギルドで仕事を請け負えば、決して安からぬ報酬が得られるだろう。  しかし、意外にも獣人の答えは――――  「そんなの簡単な事にゃ。単純に冒険者じゃ食べていけないからにゃ」  そんなはずはないだろう。そう言いかけたベルトの反論を獣人は遮った。  「お前がどれくらいのランクかは知らないにゃ。にゃけども、冒険者ギルドが優遇するのは上位だけにゃ。たまに現れるドラゴン退治にとんでもない懸賞金。華々しい冒険譚のその裏でアタイらみたいな中堅にゃ、そのしわ寄せが来るのにゃ」  「……その話を詳しく」  「知らないのかにゃ? ギルドは上位ランクには危険で地味な仕事を回さないのにゃ」  ベルトは眉を顰めた。  本来なら上位ランクにこそ地味でも危険な仕事を回すべき。  それは当たり前の事のはず……しかし、目の前の獣人は違うと言う。  「どうも、自分たちで作り上げた偶像の英雄様はつまらない依頼で死んでほしくないみたいにゃ。だからアタイ等に無茶をさせて適性以上の仕事を押し付ける。正直に言う。アタイは死にたくないにゃ!」  その瞳には涙が混じっていた。  「アタイにだって……守るべき家族が……兄弟がいるんだにゃ……ランクを上げようにも……ギルドへの上納金は年々高くなって……ついには手が……手が出せない金額になってるにゃ!」  「――――ッ」とベルトにも迷いが生じる。  「それでも犯罪は許されない」と正論で殴る事もできる。  「それでも努力すればいつかは報われる」と有りもしない希望を植えつける事もできる。  しかし、それは無意味だ。  もしも、彼女を救える者がいるのならば、それは彼女と同じ憤怒を持つ者。  そして、その資格を持つ者はこの場に1人だけいる。  「ねぇ……貴方」とベルトと獣人の間に入ってきた人物。  その人物こそ、冒険者ギルドは破壊しようと企んでいる女。  マリア・フランチャイズ  その人だった。

ブックマーク

この作品の評価

2pt

Loading...