幕間①ベルトの師匠

   ベルトの師匠。  腰まで伸びた黒髪。   おっとりとした口調。にこやかな 表情。  店の制服なのだろうか?  エプロンドレススを身に着けている。  そんな彼女に対して、メイルたちの印象はと言 うと…… (お、 大人 の 女性 だ!)     自分たちは持っていない大人の余裕。それは一見 すると隙だらけ……  しかし、そこを突けば食虫植物のように美しい花で包まれて溶 かされるような予感。  そんな不思議なエロスを身に纏っている女性だった。   しかし―――― しかしだ。  …… おそらくは暗殺者としてベルトを鍛えた人物。 という事は2人の出会いは20年前となる。 (もしかして40代?) そう考えてメイルは頭を振るう。 実力と年齢は関係ない。 メイルは聖職者としても、冒険者としても、その実例を何度も見てきた。 まだ1桁の年齢で10代のベルトを指導した可能性も十分あり得ると考えた。   何より―――― 「あ、 あの……」 「何 かしら メイル ちゃん?」 「そ、その……そんなに見つめられると困ってしまうですが……」 「あらあら、怖がらせてしまったかしら。 私、メイルちゃんが何を考 えてるのか知りたくて…… つい…… ね?」 (わ、私の考えが読まれているの? そんな…… まさか……)  ゴクリと喉を鳴らすメイル。  ベルトの師匠はニコリと笑っているが、その背後には不穏なオーラのような幻影が揺らめいていた。 「師匠、あまり若い子を怖がらせないでください」 「あらやだ。それじゃ私が若くないみたいじゃない」 「……師匠」 「それに他者に紹介するのに師匠って呼ぶのは止めなさい」 「はいはい」とベルトは空返事。 彼には珍しくぞんざいな態度。 それが両者の距離感を表すものであり…… チクッとメイルは胸に不思議な痛みを覚 えた。 「師匠の名前はエルマだ。今は、この店を経営 している」   端的な紹介だったが、エルマは納得した様子だ。    それからスカートの両端を摘み優雅な動作で頭を下げた。 「エルマです。今後ともよろしくお願いします」 ・・・ ・・・・・・ ・・・・・・・・・ 「なんだか、 うやむやになりましたね」とマリア。  結局、ベルトとシルフィドのデートはうやむやとなり、今は5人で帰宅の途についている。    1人、シルフィドだけがマリアの言葉が分からない様子。 「そう言えば、どうして皆が一緒にいたんだい?」 「……えっと、それはですね。いろいろと理由がありまして……」    しどろもどろになるノエルとメイル。   しかし、マリアははっきりと告 げた。 「そうね。私たち……と言うかノエルがね。貴方がベルトの事を好きなんじゃないかって言い出したのよ」    あまりにも、あけすけに言うマリアに慌てたのはノエルだ。 「ちょ、ちょっとマリアさん!」と抗議の声を上げる。 「はっはっはっ! マリアさまもご存知でしょう? 私は男性などに……」   そこまで言ってシルフィドは言葉を止めた。 「う~ん」と、何かを吟味するかのように考えているようにも見える。 やがて、何かを言 おうと口を開きかけた時だった。   誰かが助けを呼ぶ声が聞こえた。

ブックマーク

この作品の評価

2pt

Loading...