幕間① パンケーキ

 「え?」  短い驚きの声を出したのは誰だろうか?  もしかしたら3人が同時に出した声かもしれない。  まず、そのパンケーキを切り分けようとフォークを突き刺した瞬間――――  フォークが沈んだのだ。  そうとしか思えない。まるで液体のような柔らかさ。  続けてナイフを入れる。  その切れ目から蜂蜜のシロップが滝のように雪崩落ち――――  閉ざされていた内部から芳しい甘味の香りが外へと広がっていく。  卵と小麦粉が匂いのハーモニーを奏で始めたのだ。  信じられない事は続き、切り分けた1欠片を皿から持ち上げた瞬間にそれは起きる。  なんとパンケーキが揺れたのだ。  その動きは、まるでプリン!  やや過剰的とも言える視覚情報は、全てが美味だと脳そのものが肯定を始める。  (これで実際に口にしたら……)  溢れんばかりの好奇心。それから、ほんの僅かな恐怖。  気がつかぬうちにゴクリと鳴る喉。  それはある種の覚悟の証。さぁ! たべるぞ! という絶対的決意表明。  ――――そして、それは実行される。  爆発?   それとも暴走した魔法的なエネルギー?  そう勘違いしてしまいそうなほど刹那の浸透力。  ある意味では暴力的とも言える甘さ。   しかし、その現象を起こしたパンケーキは既に口内から姿を消していた。  一体、どこへ?  フワリとした食感を残し、口内へ怒涛の進軍を終えたソレ。  後は濁さぬ! そう言わんばかりに溶けて消えた。  ……そのはずだった。  甘さ。   それ即ち活力なり!  口内……いや、外部から飛来したソレは食べた者の全身を駆け巡り、狂乱染みた信仰心を生み出される。  卵と小麦だけの甘さ。  バターの塩気がアクセントを生み出し、幻想的に甘さを加速させる。  そして蜂蜜の甘さが、その幻想を現実へ昇華させるのだ!  体から全身の硬さが抜け、脱力が訪れる。  体重が消えた!?  そう錯覚しても致し方ない。  まるで背中に羽が生えたように軽い。  ふわりとしたパンケーキの食感が体に伝播してしまったのだろうか?  そう食べた者を白羽の天使に変えてしまう魔力――――否。  神々しい力を有していた。  「お、美味しいです!」  気がつけばメイルは叫んでいた。  少し控えめな性格のメイルには珍しく、周囲の目を気にせずに立ち上がり絶賛を口にした。  キラキラとした瞳には、パンケーキしか見えていない。  本来ならばマリアかノエルに窘められていた事だろう……  しかし、マリアもノエルも同じ状況に陥っていたのだ。  そして彼女たちがその余韻に浸っている最中だった。  「いや、お前たち、お店では少し静かに……だな」  ビクッと3人は反応した。  背後からかけられた言葉はベルトのものだったからだ。

ブックマーク

この作品の評価

2pt

Loading...