幕間①そこには2人の修羅が立っていた

   「でも、これはマイナスからのスタートですね」  ノエルの言葉にマリアはコクリと頷いた。  わからないのはメイルだけのようだ。  「えっと……何がマイナスなんですか?」  「メイルちゃん、わかりませんか? シルフィドさんがスカートをはいている意味が?」  なぜかドヤ顔のノエルだったが、メイルは皆目検討もつかない。  「いいこと? 普段のシルフィドの服装を思い出してみなさい」と横からマリアが助け舟をだしてきた。  「白い鎧……ですよね?」  「そう! 普段のシルフィドさんは男装をしているのです!」  ノエルの勢いに推されて「ふ、ふぇ!」とメイルは変な声を出した。  「普段とは違う服装。当然ながら兄さんも気づいているはずなのです。しかし……まさかのスルー!」  道端で片膝をつき、本気で悔しがっているノエル。  彼女の肩に手を置き、マリアが追随する。    「あのシルフィドが、心の鎧を脱ぎ去って女性らしい服装をする……あの子だって不安があるはずよ。そこで『似合ってるよ』の一言があってもいいはず……いえ、なくてはならない!」    まるで、舞台役者のように大げさに……それでいて本気で熱い魂が込められた言葉だった。  「え? でも、あの服を選んだのはマリアさんのはずですよね?」とメイルは小首を傾げる。  「そうよ。あれは普段と違うギャップ。あえて、弱さを見せて相手を誘い込み、取り囲んで落城させるコーディネート!」    「な、なんだか、軍師さんみたいですね」とメイルは、盛り上がっている2人とは対照的に、よくわからないままだった。 ・・・ ・・・・・・ ・・・・・・・・・  「いけない! うっかり兄さんの朴念仁ぶりに盛り上がってしまって2人を見失ってしまいました!」  3人の視線の先からベルトとシルフィドは消えていた。  「これも、兄さんの振る舞いが悪いからです!」  「そうですわ。 あの男が女性の扱いと言うものがわからないからですわ」  「さ、流石に、そこまで言うとベルトさんに悪いのでは……」とメイルは冷や汗を流す。  それから――――  「それに、この方向の通りを進んでいたのなら……。うん、2人の行き先はわかりますよ」  「え?」と驚きの声をあげる2人。  「ついてきてください」とメイルは駆け出した。  メイルが向った先は――――  「いえ、メイルちゃん。いくら兄さんと言ってもここではないと思いますよ」  「普段の貴方がベルトさんのことをどう思っているのか、よくわかる場所ね」  「え? 私、責められているのですか?」  メイルが2人を連れてきた場所は道具屋だった。  ベルト行きつけの道具屋。 メイルも良く連れられたきた場所だ。 「メイルちゃん、流石にデートで道具屋に連れて行くほど、うちの兄は……」 「でも、ベルトさん達は中に入っているみたいですよ?」  メイルの言葉にマリアとノエルは店内を凝視した。  ――――いた。 本当にベルトたちがいた。  その瞬間、2人の脳裏にベルトがシルフィドを誘った言葉が思い起こされた。  『マリアの命令でこの村に来てから、まだ間もないからな。町の案内もしないといけないなぁ』  「まさか……あの男……」  「に、兄さんは、デ、デートの誘い文句ではなく……本気で!?」  それから「ひぃ!」とメイルが小さな悲鳴を漏らした。  ノエルとマリア。その表情は――――  そこには2人の修羅が立っていた。

ブックマーク

この作品の評価

2pt

Loading...